アカチャンホンポ限定 ピジョン 新型ベビーカー 【ランフィリノン3】評価やメリット・デメリット

f:id:kanakana-yumo:20190506195935j:plain

2019年4月にピジョンの新型A型ベビーカー、ランフィRA9、そしてアカチャンホンポ限定モデルとしてランフィリノン3が発売されました。

高い人気を誇るランフィリノン2から満を持して発売されたピジョンの最先端ベビーカー。

何故ここまでランフィが人気なのか、アカチャンホンポ限定盤と通常盤では何が違うのか、以前のモデルと何が変わったのか気になりますよね。

今回はそんなランフィリノン3の特徴を一緒に覗いていきましょう。

 

ランフィリノン3とは?

f:id:kanakana-yumo:20191004224639j:plain
ランフィリノン3とはアカチャンホンポで限定販売されているピジョンの軽量型A型ベビーカーの名称です。

一般発売されいるランフィRA9というベビーカーをベースに作られているので基本的な性能は同じです。ただ限定販売品というだけあってRA9にはなくてもリノン3には付いている機能もあるので実質上位互換にあたります。

ピジョンでは以前にもランフィリノン2というベビーカーを販売しており爆発的な人気を誇っていたのです。

ピジョンってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20191004224709j:plain

ピジョンはベビー食品、ベビー雑貨などのベビー用品から妊婦帯などのマタニティグッズまで幅広く扱っているメーカーです。

今でこそランフィで認知が強まりましたが実はピジョンがベビーカー業界に参入したここ数年の話です。

2018年辺りからランフィが爆発的なヒットを打ち出し今ではベビーカー業界でもアップリカやコンビなどの錚々たる会社と肩を並べる程になりました。

 

ランフィリノン3の特徴

f:id:kanakana-yumo:20191004224803p:plain

それではここからはランフィリノン3の特徴について細かく見ていきましょう。

前モデルのランフィリノン2や通常品のランフィRA9とも比較して見てみましょう。

シングルタイヤ

f:id:kanakana-yumo:20190506200029j:plain

ランフィの最大の特徴とも言えるのがこのシングルタイヤです!

基本的に四輪型ベビーカーのほとんどがダブルタイヤと呼ばれるタイヤを使用しています。要はタイヤが二つ付いているのです。ランフィはkのダブルタイヤから一新シングルタイヤを採用しており機能性を高めました。シングルタイヤによって得られるメリットは以下の通りです

  • 押しやすさが格段にアップ
  • 小回りが利きやすい
  • 足元が広くなり押すときに邪魔になりにくい
  • 見た目がスタイリッシュでおしゃれ

などですね。言葉では感じれませんがシングルタイヤになることで他のベビーカーよりも押しやすさが抜群に向上しているのです。シングルタイヤから成すこの走行性能こそがランフィの真骨頂とも言えるでしょう。

ボールベアリング搭載

f:id:kanakana-yumo:20191004224854p:plain

ランフィリノン3からは普通のベアリングではなくボールベアリングと呼ばれるベアリングを採用しています。

普通のベアリングとボールベアリング...何が違うか語っていくと本筋を脱線しようなのでここでは語りません(笑)要は以前のタイヤよりもすごく小回りが利きやすくなったと思ってもらって大丈夫です。

ベアリング業界でもトップに君臨するミネビアミツミと呼ばれる会社のボールベアリングを使っているので本当に押しやすくなっているのですよ。

f:id:kanakana-yumo:20190505114742p:plain

マルチハンドル

f:id:kanakana-yumo:20191004224923p:plain

ランフィリノン3ではハンドルの高さを自由に変える事の出来るハンドルアジャスターが搭載されています。自分の身長に合わせてハンドルの高さを変える事ができるので身長の低いパパと身長の高いママが使ってもそれぞれ自分の適切な位置に変更できます。

またこの機能を利用すれば折り畳んだ後に高さを抑えコンパクトにすることができるのです。

車などに乗せたいけど車が小さくて入らないをある程度無くしてくれる便利な応用ですね。

ギュットグリップ

f:id:kanakana-yumo:20190506200226p:plain

ベビーカーのハンドルは基本的にスポンジ調の素材のものが多いです。そこに各々ハンドルカバーなどを購入して付けたりしてカスタマイズするのですが、ランフィリノン3には付属でギュットグリップと呼ばれるカバーが入っています。柔らかく押すときに手にフィットしやすい構造になっているのです。

別途に購入せずとも付属品としてベビーカーと一緒に入ってくるのは嬉しいですね。

 

クールマックスシート

f:id:kanakana-yumo:20190506200444p:plain

ランフィリノン3のシートは少し特殊な特徴があります。

クールマックスと呼ばれるシートを採用しております。クールマックスは吸水速乾に優れています。汗っかきな赤ちゃんの汗を早く吸収してくれて乾かしてくれるので赤ちゃんに快適な環境を提供してくれます。

また、シートは3Dメッシュと呼ばれるシート構造になっているので通気性も抜群です。

f:id:kanakana-yumo:20191004225006p:plain

リバーシブルシート

f:id:kanakana-yumo:20191004225038p:plain

シートはリバーシブルで使用可能。赤ちゃんがシートを汚してしまってもその場でシートを裏返して使用する事ができるのでおでかけの時も安心ですね。

シートやヘッドクッションは洗う事ができるのも特徴です。

ランフィRA9との違い

f:id:kanakana-yumo:20190506200158j:plain

ではここで通常品のランフィRA9と限定品のランフィリノン3の違いを見ていきましょう。それぞれ簡単にまとめてみたのでとりあえず見ていきましょうか。

 

ランフィRA9だけの特徴

f:id:kanakana-yumo:20190506200514p:plain

  • 値段が1000円安い
  • 重量が0.2kg軽い
  • どの店舗でも購入可能

 

ランフィリノン3だけの特徴

f:id:kanakana-yumo:20190506200517p:plain

 

簡単にまとめるとこんな形ですね。ランフィリノン3にはプラスαで機能が付加されていますがその分お値段もやや上がります。機能が多い分ほんの少し重たくなっていますね。上記の限定機能が必要なければRA9を、必要だと思うのであればリノン3を購入するのがオススメですね。

ランフィリノン3のデメリット

f:id:kanakana-yumo:20190505121234p:plain
ここまでランフィリノン3をめちゃくちゃ褒めちぎってきましたがここからはランフィリノン3のデメリットも少しご紹介したいと思います。こちらも簡単にまとめてみましたので一緒に見てみましょう。

 

畳んでも大きくてかさばる

ランフィはタイヤが大きくて走行性能が高いのが魅力の一つです。しかし、タイヤが大きいという事はその分かさも増すという事です。他の軽量型ベビーカーと比べるとやはり少し大きくなってしまうのでコンパクトさを重視に追及される方には怪しいラインかもしれません。

ランフィリノン3はハンドルアジャスターにより高さは抑える事ができますがそれでも少し大きめですね。

持ち運びには不向き

先ほど述べた通り大きめの車体なので持ち運びにも少し向いてないかもしれません。重さは5kg台なのでそれ程でもないのですが、高さがある分身長の低い方などは持ってもタイヤが地面に当たってしまう可能性があるのです。

ランフィリノン3はハンドルアジャスターで高さは抑える事ができるのでこの状態で持つ必要がありますね。

おしり部分にクッションが入っていない

基本的にこのグレードのベビーカーにはシートの頭部分とおしり部分にクッションが入っているのですがランフィリノン3は頭だけしかクッションが入っていません。

クッションは他のモノで補う事ができるのですが他のメーカーが入っているという事を考えるとこれもデメリットの一つになりますかね。

 

 

他のメーカーと比較して

 

それでは他のメーカーとのベビーカーとこのランフィリノン3を比較してみましょう。

ここではアップリカとコンビの2つのメーカーを例として比較していきたいと思います。

ランフィリノン3と同じ軽量型でグレード的に同じものは以下のものが挙げられます。それぞれのベビーカーの特徴を簡単にまとめてみましたのて比較してみてください。

詳細が気になる方はリンクに詳しい説明があるのでご覧くださいませ。

ピジョン

ランフィRA9
  • 押しやすさ抜群
  • 小回りが利きやすい
  • シングルタイヤ
  • 少しバスケットが大きい
  • 去年から話題性が高い
 ランフィリノン3
  • 押しやすさ抜群
  • シングルタイヤ、小回りが利きやすい
  • シートがリバーシブルに使える
  • ハンドルアジャスター搭載
  • 少しバスケットが大きい

 

アップリカ

ラクーナクッション
  • クッション性抜群
  • シートが広い
  • 持ち運びしやすい
  • 振動吸収性能優秀
  • 反射板搭載
ラクーナビッテクッション
  • コンパクト、ハンドルアジャスター搭載
  • クッション性抜群、振動吸収性能優秀
  • 持ち運びしやすい
  • 反射版搭載
  • バスケットが大きい

 コンビ

・スゴカルα 4キャス compact エッグショック HS
  • 軽い
  • 持ち運びしやすい
  • 幌の形が特殊
  • エッグショック搭載
  • ハンドルアジャスター搭載

カラーバリエーション

ランフィリノン3はRA9よりカラーバリエーションが多く計5種類のカラーが展開されています。

f:id:kanakana-yumo:20190506191536j:plain ブラック

f:id:kanakana-yumo:20190506191155j:plain

ランフィリノン3の代名詞とも言えるのがこのブラック。

パッションな迷彩調のブラックが特徴的で他のメーカには無いオリジナリティを兼ねそろえています。人気としてはグレー、ネイビーに次ぐ三番手な印象です。かなり人を選ぶデザインですがハマる人にはハマるデザインなので、このデザインに心を討たれた方は購入して間違いナシ!


f:id:kanakana-yumo:20190506191616j:plainグレー

f:id:kanakana-yumo:20190506191205j:plain

ランフィリノン3一番の人気を誇るのがこのグレー!ランフィと言えばグレーと言うくらいの人気なのですがリノン3も違わずグレーが大人気です。男女問わず受け入れやすいユニセックスなカラーリングに、内側や淵に可愛いイエロー柄が特徴。どの色にしようか迷った方はこの色にしてみてはいかがでしょう?


f:id:kanakana-yumo:20190506191657j:plainネイビー

f:id:kanakana-yumo:20190506191217j:plain

リノン3で2番目に人気のカラーがこのネイビー。やはりどのベビーカーでもネイビーは上位になる人気を誇ります。パパ、ママ問わず押していて違和感の無いことや男の子でも女の子でも無難に使う事の出来るのが人気の秘訣でしょうか。幌の内側や淵もオシャレなストライプが入っているのでブルー系が好きな方にはコチラ。

 

f:id:kanakana-yumo:20190506191716j:plainピンク

 

f:id:kanakana-yumo:20190506191225j:plain

こちらもリノン3の顔とも言えるピンク。ピンクと言ってもとても落ち着いてオシャレな感じのピンクなのでどこに持っていても浮くことはありません。可愛らしいカラーなので男の子は迷い所ですが女の子なら間違いないカラーだと思います。他のメーカーのベビーカーとも色が被らないのも嬉しいですね。

 

f:id:kanakana-yumo:20190531213759p:plainボタニカルズー

 

f:id:kanakana-yumo:20190531204814j:plain

6月1日から新色として発売されたのがこちらのボタニカルズーです。淡くておしゃれなグリーンの幌に内側のボタニカル柄が特徴的ですね。

植物の中には密かに動物たちが隠れており赤ちゃんが見ながら楽しめるようなデザインとなっています。全体的にオシャレで男女問わず使えるのも良いですよね。

ボタニカルズーについて詳しく説明している記事もありますので良ければこちらもご覧ください。

 ※ボタニカルズーは発売から1カ月ほどで欠品してしまう程の超人気カラーです。

現在は販売していない店舗の方が多いと思いますのでご容赦ください。

まとめ

ランフィリノン3の特徴は分かりましたか?

性能だけで見ればランフィRA9の上位互換と言っても差し支えないのですがカラーや値段も捨てきれないのが悩ましいところですね。

アカチャンホンポにしか売っていない商品なのでその点だけは注意が必要ですね。

シングルタイヤで押しやすく機能も充実しているランフィリノン3で赤ちゃんと一緒に快適な生活を過ごしてみませんか?

f:id:kanakana-yumo:20191004225536p:plain