アカチャンホンポ限定 ピジョン 新型ベビーカー 【ランフィリノン3】評価やメリット・デメリット

 f:id:kanakana-yumo:20190506195935j:plain

2019年4月にピジョンの新型A型ベビーカー、ランフィRA9、そしてアカチャンホンポ限定モデルランフィリノン3が発売されました。

高い人気を誇るランフィリノン2から満を持して発売されたピジョンの最先端ベビーカー。他のベビーカーとの違いは?以前のリノン2とは何が変わったのか?RA9との違いは?

今回はそんなランフィリノン3の特徴を一緒に覗いていきましょう。

 

 目次

 

ランフィリノンとは?

 

ランフィとは、ピジョンというメーカーが出してるA型ベビーカーの名称です。

今回紹介するランフィリノンとはピジョンアカチャンホンポが共同開発している共同開発品になります。

基本的な性能はランフィRA9と同じですがそれにプラスでリノンにしかない機能なども存在します。

まずはランフィリノン3の特徴を以下の様に簡単にまとめてみました。

 

  • シングルタイヤを採用しており走行性抜群
  • リノン3からタイヤにボールベアリングを使っており旋回性能が更に向上
  • 座席のシートが広くゆったりとした空間
  • ハンドルアジャスター搭載
  • シートにクールマックスを採用
  • デザインやカラーがオシャレで大人気

 

軽量型両対面A型ベビーカーで、他のメーカーと決定的に違うのはやはりシングルタイヤによる走行性です。

見た目も他のベビーカーと比べるとスタイリッシュでオシャレなのが特徴。

当初はピジョンと言えば哺乳瓶などの印象が強くベビーカーの認知は薄かったのですが、ここに来てランフィの人気が急上昇。今では市場の中でも上位を絞める程の大人気ベビーカーとなりました。

 

シングルタイヤのメリットは?

f:id:kanakana-yumo:20190506200029j:plain
最近ベビーカーで検索するとよく目にするのがこのシングルタイヤ。既存のベビーカーの多くはダブルタイヤと言ってタイヤが2つ連なってるモノが多かったのです。最近はこのランフィ等を皮切りにシングルタイヤの人気が増しています。

ランフィのシングルタイヤの主なメリットは以下になります。

 

  • タイヤが大きく走行性能が優秀。
  • タイヤが1つなので小回りが利く。
  • タイヤの数が1つなので足元にゆとりがある。

 

まずタイヤが大きい事から成る走行性の優秀さが最大の特徴です。

自転車でもそうですけどタイヤが大きいと少し力を込めただけで沢山進みますよね?

ベビーカーも一緒でタイヤが大きい方が押しやすくなるのです。さらに段差や障害物があっても簡単に乗り越えてくれますし、大きなタイヤで振動もかなり吸収してくれるのでシートにまで振動が伝わりにくいのです。

押している大人たちは気付き難いですがシートに座っている赤ちゃんはやはり一番振動が伝わってきやすいものです。タイヤのサスペンションや振動吸収は大事になってくるわけですね。

さらにシングルタイヤは旋回性能が抜群ですごく小回りが効きます。角を曲がるときや細かなハンドル操作ができるのですごく楽に押す事ができます。

 

またランフィリノン3からはタイヤにボールベアリングを採用しました。

ベアリングって何かと言うと要は回転をさせやすくさせるための軸みたいなものですね。

ハンドスピナーってご存知でしょうか?めちゃくちゃクルクル回る玩具なのですがそのハンドスピナーにもボールベアリングを採用しているわけですね。

それがあると凄くタイヤの回転が滑らかでスムーズになるのです。

 

f:id:kanakana-yumo:20190505114742p:plain

しかもランフィRA9に採用しているボールベアリングはなんと......あのミネビアミツミが作ったものなのです!!

.........そうあのミネビアミツミのボールベアリングなのですよ!!

と言われてもミネビアミツミってどこやねーんってなりますよね(笑)僕も正直知りません。

ただそのボールベアリングを作る技術では業界ナンバーワンの力を持っている会社らしくなんかもうとりあえず凄いらしいです(笑)

このボールベアリングのおかげでランフィRA9のタイヤはより小回りが利きスムーズな走行を可能にしているというわけです。

 

f:id:kanakana-yumo:20190506200106j:plain

あとよくあるのがベビーカーを押してると後輪に足が当たってしまうんですよね。

特に足が長いパパなんかはよくガンッ!って当ててしまいがちなんですよ(笑)

でもランフィはタイヤが八の字になってついているんですよね。

それとシングルタイヤということを合わせると足元にかなりゆとりができるんです。

足元に空間があるだけですごくゆとりを持ちながら押すことができちゃうんです。

これもダブルタイヤには無かったメリットの1つですね。

 

リノン3とRA9の違いは?

f:id:kanakana-yumo:20190506200158j:plain


 さて、ここでランフィRA9にはなく限定モデルのリノン3にだけに搭載されている機能を紹介していきたいと思います。

先に特徴として簡単に述べましたがリノン3のみに搭載されている機能は以下の2つになります。

 

・ハンドルアジャスター

f:id:kanakana-yumo:20190506200411p:plain

ランフィリノン3にはRA9には無いハンドルアジャスターが搭載されています。

ハンドルアジャスターとは何かと言うと要はハンドルの高さを変えることのできる機能の事ですね。

ハンドルの高さを変えることによって身長の高い人や低い人でも自分の押しやすい位置に調整することができるのです。

パパの身長が180cmでママは身長が145cmだとすればどちらも恐らくハンドルの高さが自分の適正な位置にならず若干の押し悪さを感じる事でしょう。そういった高低のジレンマをこのアジャスター1つで解決してくれるということなのです。

 

f:id:kanakana-yumo:20190506200315p:plain

 

またこの機能はなんと折り畳んだ時にも大きく活用できます。

折り畳んだ時ハンドルも一緒に折り曲げる事でベビーカーの高さを抑える事ができるんですね。

これによりランフィのデメリットでもある畳んだ時の大きさを抑える事ができよりコンパクトにすることができるのです。

車に乗せる時や家で収納する時などコンパクトさが求められるシーンでも手軽に大きさを変える事ができますよ。

 

クールマックス

f:id:kanakana-yumo:20190506200444p:plain

 

もう1つの特徴としてリノン3にはRA9のシートの構造と若干異なり”クールマックス”と呼ばれる特殊なシートを採用しております。

クールマックスとは何かと言うと普通のメッシュシートとは異なり3Dメッシュシートを採用しています。シートの表面にも吸水速乾の素材を使用しているので汗の吸収もよくすぐに汗も乾かしてくれるのです。

赤ちゃんって大人より体温が高いので夏でも冬でもすごく汗をかきやすいんですよね。なのでこういった通気性だったり吸水速乾っていうのは非常に重要なポイントになってくるわけですね。

 

・値段の違い

f:id:kanakana-yumo:20190506200514p:plain

f:id:kanakana-yumo:20190506200517p:plain


上記の画像の通りですがランフィリノン3とランフィRA9とでは若干ですが金額が異なります。RA9の方が機能が少ない分1000円値段が安いのですね。

とは言っても本当にたった1000円の差。それだけでこれだけの機能が付くと考えればとても安いモノです。ベビーカーは常に使用するモノなのでRA9とリノン3で迷われている方はリノン3を購入する事をオススメします。

 

余談ですがRA9よりリノン3の方が0.2kg程重くなっております。まぁ0.2kgなんて本当に誤差の範囲内なので気にするほどのものではありませんが(笑)

 

ちなみにランフィRA9の詳細はこちらに記載してあるのでよければご覧ください。

 

www.kanatano.com

 

ランフィリノン3のデメリット 

f:id:kanakana-yumo:20190506200548j:plain

さて、ここでランフィリノン3のデメリットを紹介していきましょう。

リノン特有の金額の差と重量のお話は先にさせていただいたのでここではRA9と共通のデメリットについてお話させて頂きたいと思います。

 

  • タイヤが大きい分折りたたんでも少しかさばる。

 

ランフィはタイヤが大きくシートが広いのは先程長所の1つと挙げました。しかし、その分どうしても折り畳んだときに高さや厚さがでてしまうのが難点です。

なので本当に小さな軽自動車等には乗らない可能性があります。とはいってもあくまで軽量で小型なベビーカーの中ではの話なので大袈裟にかさ張るわけではありませんが、細かく大きさが気になる方は注意すべき点だと思われます。 

 

 

カラーバリエーション

ランフィリノン3はRA9よりカラーバリエーションが多く計4種類のカラーが展開されています。

 

f:id:kanakana-yumo:20190506191536j:plain ブラック

f:id:kanakana-yumo:20190506191155j:plain

ランフィリノン3の代名詞とも言えるのがこのブラック。

パッションな迷彩調のブラックが特徴的で他のメーカには無いオリジナリティを兼ねそろえています。人気としてはグレー、ネイビーに次ぐ三番手な印象です。かなり人を選ぶデザインですがハマる人にはハマるデザインなので、このデザインに心を討たれた方は購入して間違いナシ!


f:id:kanakana-yumo:20190506191616j:plainグレー

f:id:kanakana-yumo:20190506191205j:plain

ランフィリノン3一番の人気を誇るのがこのグレー!ランフィと言えばグレーと言うくらいの人気なのですがリノン3も違わずグレーが大人気です。男女問わず受け入れやすいユニセックスなカラーリングに、内側や淵に可愛いイエロー柄が特徴。どの色にしようか迷った方はこの色にしてみてはいかがでしょう?


f:id:kanakana-yumo:20190506191657j:plainネイビー

f:id:kanakana-yumo:20190506191217j:plain

リノン3で2番目に人気のカラーがこのネイビー。やはりどのベビーカーでもネイビーは上位になる人気を誇ります。パパ、ママ問わず押していて違和感の無いことや男の子でも女の子でも無難に使う事の出来るのが人気の秘訣でしょうか。幌の内側や淵もオシャレなストライプが入っているのでブルー系が好きな方にはコチラ。

 

f:id:kanakana-yumo:20190506191716j:plainピンク

 

f:id:kanakana-yumo:20190506191225j:plain

こちらもリノン3の顔とも言えるピンク。ピンクと言ってもとても落ち着いてオシャレな感じのピンクなのでどこに持っていても浮くことはありません。可愛らしいカラーなので男の子は迷い所ですが女の子なら間違いないカラーだと思います。他のメーカーのベビーカーとも色が被らないのも嬉しいですね。

 

f:id:kanakana-yumo:20190531213759p:plainボタニカルズー

 

f:id:kanakana-yumo:20190531204814j:plain

6月1日から新色として発売されたのがこちらのボタニカルズーです。淡くておしゃれなグリーンの幌に内側のボタニカル柄が特徴的ですね。

植物の中には密かに動物たちが隠れており赤ちゃんが見ながら楽しめるようなデザインとなっています。全体的にオシャレで男女問わず使えるのも良いですよね。

ボタニカルズーについて詳しく説明している記事もありますので良ければこちらもご覧ください。

 

まとめ

リノン3の特徴は分かりましたか?

基本的にはRA9の上位互換と言っても遜色ないのがこのリノン3なのでRA9と迷われている方はこちらのリノン3をオススメします。

アカチャンホンポにしか売っていない商品なのでその点だけは注意が必要ですね。

シングルタイヤで押しやすく機能も充実しているランフィリノン3で赤ちゃんと一緒に快適な生活を過ごしてみませんか?

f:id:kanakana-yumo:20190506200622p:plain