5分で分かる!【ランフィRB0】ピジョン 新型ベビーカー 評価などを解説

f:id:kanakana-yumo:20200217202938j:plain

2020年3月6日に満を持してピジョンが新型A型ベビーカー、ランフィRB0を発売します。

高い人気を誇ってきたこのランフィの期待の新作はこれから赤ちゃんが生まれる方にはやはり気になりますよね 。

他のメーカーと比較するとどのように違うのか、前モデルのランフィRA9とRB0の違いはなんなのか。

今回はそんなランフィRB0の特徴を一緒に覗いていきましょう。

 

・はじめに

この記事ではランフィRB0の事を知りたいけど公式サイトや他の長い説明を読むのが億劫な方や時間が無い方向けの記事です。パパッと特徴やお得な購入方法を知りたい方はこのまま読んでいってください。

さらに詳しく読みたい方はこちらのリンクで確認してみてください。

www.kanatano.com

 

 目次

ピジョンってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200211205951j:plain
ピジョンはベビー食品、ベビー雑貨などのベビー用品から妊婦帯などのマタニティグッズまで幅広く扱っているメーカーです。

特に哺乳瓶の母乳実感などは日本でトップクラスの売上となっており哺乳瓶=ピジョンという方も多いでしょう。

・ランフィRB0とは?

f:id:kanakana-yumo:20200217203021j:plain

・基本スペック

Runfee RB0

本体価格:54,000円+税

使用月齢範囲:生後1ヵ月〜36ヵ月まで

本体重量 5.5kg

リクライニング角度:100度〜175度

タイヤ径対面時:前輪Φ180mm 対面時後輪Φ165mmサイズ(最大寸法)

[折りたたみ時]W516×D380×H1028mm
[展開時]W516×D830×H1015mm(背面位)
[展開時]W525×D945×H1015mm(対面位)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ランフィRB0(1台)【ピジョン】
価格:59400円(税込、送料無料) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

 

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200217203804j:plain

 

・ランフィBA0の主な3つのメリット

・シングルタイヤによる押しやすさ

f:id:kanakana-yumo:20200217210503j:plain

まずはランフィの最大の特徴とも言えるシングルタイヤです!

基本的に四輪型ベビーカーのほとんどがダブルタイヤと呼ばれる2つのタイヤを使用しています。

ランフィはこのダブルタイヤから一新してシングルタイヤと呼ばれる新しいタイプのタイヤを採用しており、その機能性を遥かに向上させました。

ダブルタイヤとシングルタイヤとで比較したメリットはこちらになります。

  • 押しやすさが格段にアップ
  • 小回りが利きやすい
  • 足元が広くなり押すときに邪魔になりにくい
  • 見た目がスタイリッシュでおしゃれ

などですね。シングルタイヤから織り成すこの押しやすさこそがランフィの真骨頂と言え、軽量型ビーカーの中ではトップクラスと言っても過言ではないでしょう。

 

・ボールベアリングによる小回りの効きやすさ

f:id:kanakana-yumo:20190505114742p:plain

ランフィBA0では普通のベアリングではなくボールベアリングと呼ばれるベアリングを採用しています。

これにより小回りの効きやすさは格段に上がり角を曲がる時などはスイスイと曲がれます。

しかもベアリング業界でもトップに君臨するミネビアミツミと呼ばれる会社のボールベアリングを使っているのです。

・足元広々フレーム

f:id:kanakana-yumo:20200217210748j:plain
先ほども軽く述べましたがランフィはタイヤ2個分足元が空き広々としています。

タイヤとタイヤの間に空間があることで押したときに足がタイヤに当たってしまうという弊害が無くなりより押しやすくなっているのです。

 

ランフィRB0の3つのデメリット 

f:id:kanakana-yumo:20200217213752j:plain
押しやすくてオシャレで機能性の高いランフィBA0ですがもちろんデメリットも存在します。特に他には無いシングルタイヤという特徴を持っているのでここも気になるところですよね。それでは順にランフィBA0のデメリットを見ていきましょう。

・ダブルタイヤと比べると安定感に劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

ランフィの最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

f:id:kanakana-yumo:20200217213904j:plain

・軽量型ベビーカーの中では大きい

f:id:kanakana-yumo:20200217214008j:plain

ランフィはタイヤが大きくて走行性能が高いのが魅力の一つですが、タイヤが大きいという事はその分大きさも増すという事です。

他の軽量型ベビーカーと比べるとやはり少し大きくなってしまうのでコンパクトさを重視に追及される方には怪しいラインかもしれません。

・持ち運びには不向き

f:id:kanakana-yumo:20200217213736j:plain

これも先ほど述べた通り大きめの車体なので持ち運びにも少し向いてないかもしれません。重さは5kg台なので重くて困るといった事は無いとは思いますが、車体が高いので身長の低い方などは持ってもタイヤが地面に当たってしまう可能性があるのです。

ちょっとした持ち運びであればそこまで気にならないとは思いますが常にこのような形で持ってる歩く方にはオススメできません。

 

・前モデルランフィRA9との違い

f:id:kanakana-yumo:20200211231651j:plain 

www.kanatano.com

はっきり言ってしまうと前のランフィRA9とはそこまで違いはないです。

詳しく説明しても…正直かなりマニアックな違いなのであまり気にしなくていいでしょう。

フレームの接合の仕方が変わったとかそんな話なので...

 

・ランフィRB0をお得に購入する方法

ベビーカーはどこで購入しても同じだと思っている方 それは間違いです。

ネットの方がお得なのは多くの方が知っているとは思うのですが、購入するサイトによってはかなりお得に購入できるのです。

現在では実は楽天がお勧めです。


 

新商品なので値段はどこのサイトも変わらないのですが、楽天では非常に多くのポイントが付与されるのです。

そのポイントはなんと...8,000ポイント近く

つまり実質8,000円以上の値引きがされているようなモノなのです。

楽天の中でもショップによってはあまりポイントバックなかったりもするのですが今は上記のショップが安心して購入できてかつかなりお得です。

 定期的にポイントセールや値引きクーポンなどが配信されていたりもするので何度もチェックして確認してみてください。

・今なら前モデルのランフィRA9がお得に買える

モデルチェンジが発表されたことによりネットショッピングなどではランフィRA9の値段がかなり低くなっています。サイトによっては元々の値段が税込59,400円だったモノが30,000円台という破格の安さまで下がっておりお得になっています。

新機種にこだわりが無くランフィが欲しい方には朗報ですよ!

どの販売店でも在庫限りの販売となるのでランフィを安く買いたい方は今がチャンスと言えるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ランフィ RA9(1台)【ピジョン】[A型ベビーカー バギー]
価格:39600円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)

楽天で購入

 

 こちらも楽天がかなり狙い目です。値段も安いのですが、ポイントも3,000ポイントくらいつくので非常にお得ですよ。

ただし、現行品が無くなり次第購入する事ができなくなるのでランフィをお得に購入するのであれば今がチャンスです!

 

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ランフィRB0の最大の魅力である押しやすさはご理解いただけましたか?

ランフィの最大の特徴は本当にその押しやすさにあります。スイスイと小回りも利きますし、ガタガタした道でもある程度の安定感を保持して走らせることができるのが何よりのメリット。デザインもスタイリッシュでオシャレなので他のベビーカーからも一目置かれて良い感じかもしれませんね。

その一方で少し大きめの作りになっているのでコンパクトさや持ち運びの利便性を視野に入れている方には少し向かない一面もあるかもしれません。

 

2020年の期待の新作ランフィRB0であなたも赤ちゃんとの快適な旅を楽しんでみましょう。

f:id:kanakana-yumo:20200217214454j:plain

 

 

5分でわかる! サイベックス ベビーカー "メリオ カーボン" 特徴・評価 日本のベビーカーとの違いなど解説

f:id:kanakana-yumo:20200225122624j:plain

2020年3月にサイベックスのベビーカー"メリオ カーボン"が発売されました。

ドイツの企業から発売されているので日本には無いヨーロッパの発想で作られたベビーカーです。サイベックスは今までにもスタイリッシュでオシャレなベビーカーを数多くしパパやママの心を魅了してきました。

その中で発売されたのがこの"メリオ カーボン"なのです。今までに発売されたサイベックスのベビーカーと何が違うのか、日本のベビーカーとは何が異なるのか気になりますね。

今回はそんな"メリオ カーボン"の特徴を一緒に覗いてみましょう。

 

・はじめに

この記事ではメリオ カーボンの事を知りたいけど公式サイトや他の長い説明を読むのが億劫な方や時間が無い方向けの記事です。パパッと特徴やお得な購入方法を知りたい方はこのまま読んでいってください。

さらに詳しく読みたい方はこちらのリンクで確認してみてください。

www.kanatano.com

 

 

・サイベックスってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200225122923p:plain

サイベックスとはドイツ発祥のベビーメーカーです。

ベビーカー、チャイルドシート、ベビーチェアなど数多くの商品を産み出しており人気も上々です。日本人には馴染みの無い名前かもしれませんが、日本でも数多くの商品が使われています。

日本には無い発想で作られているので機能的にも見た目もスタイリッシュなモノが多く存在します。

・メリオ カーボンはどんなベビーカー?

・基本スペック

MELIO CARBON

本体価格:63,000円+税

使用月齢範囲:新生児〜36ヵ月まで

本体重量 5.8kg

リクライニング:3段階

[展開時]

長さ:820-1010 mm 幅:490 mm 高さ:1070 mm

[折り畳み時]

長さ:最小サイズ715 mm  幅:最小サイズ490 mm 高さ:最小サイズ375 mm

                        

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メリオ カーボン(1台)【サイベックス】[cybex MELIO A型 新生児 ベビーカー]
価格:69300円(税込、送料無料) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200225123338p:plain

 

・サイベックス メリオ カーボンの大きな3つのメリット

・軽いフレーム素材

f:id:kanakana-yumo:20200225131250p:plain

メリオ カーボンの最大の特徴がこのカーボン素材で作られたフレームです。

炭素素材で強度が高くその上で軽いのが特徴です。

インポートタイプのベビーカーは日本のモノと比べると重くなってしまうのがデメリットだったのですが、このメリオ カーボンは5.8kgでかなり軽いのです

なので持ち運びも無理なくできて利便性の向上につながりました。

 

・押しやすさ抜群!

f:id:kanakana-yumo:20200225134730p:plain

横から見ると一目瞭然ですがこのようにハンドルからタイヤまでフレームが一直線に繋がっているのでとても押しやすい構造となっています。

右のようなハンドル切り替え式のベビーカーはハンドルを動かす必要がある為どうしてもフレームが分割されてしまうデメリットがあったのですが、メリオ カーボンではシート切り替え式にすることによってこのデメリットを消しているのです。

f:id:kanakana-yumo:20200225142324p:plain

メリオ カーボンはシングルタイヤといってタイヤが1輪しか付いていないのが特徴です。 

シングルタイヤの特徴としてはタイヤが大きくて押しやすく小回りが利きやすい事にあります。

ベアリングも採用されているのでスイスイ押す事ができてとても走行性能に優れており軽量型の中でも屈指の押しやすさを誇っています。

 

・新生児から使用可能なベビーカー

f:id:kanakana-yumo:20200225142801p:plain

基本的にA型ベビーカーの使用期間は1ヶ月~36ヶ月となっています。

しかし、このメリオ カーボンは新生児からでも使う事の出来るリクライニング構造となっており他の日本のメーカーと比べても長く使う事の出来るベビーカーとなっています。

 

・メリオ カーボンの3つのデメリット

・赤ちゃんを乗せたまま向きを変えれない

f:id:kanakana-yumo:20200225143056p:plain

メリオ カーボンはハンドルを切り替えるタイプでなくシートを切り替えて向きを変えるタイプのベビーカーです。

なので赤ちゃんが寝ている状態ではシートの向きを変える事ができないのがデメリットの1つです。

とは言っても基本的に月齢に合わせて切り替えていくものなので、お出かけの途中で頻繁に向きを変えたくなるような事はないと思いますが…

・折りたたみがスムーズにできない

f:id:kanakana-yumo:20200225142201p:plain

メリオ カーボンは独特な開閉の仕方をしています。片手で折り畳むことも開くこともできないので外で開閉を頻繁に行う方には向いていないかもしれません。

・ダブルタイヤと比べると安定感に劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。

しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

 

・メリオ カーボンをお得に買う方法

ベビーカーはどこで購入しても同じだと思っている方 それは間違いです。

ネットの方がお得なのは多くの方が知っているとは思うのですが、購入するサイトによってはかなりお得に購入できるのです。

現在では楽天がかなりお勧めです。

 


 

新商品なので値段はどこのサイトも変わらないのですが、楽天では非常に多くのポイントが付与されるのです。

そのポイントはなんと...10,000ポイント以上

つまり実質10,000円以上の値引きがされているようなモノなのです。60,000円台のメリオが50,000円台で購入できるとなると非常にウレシイですよね。

楽天の中でもショップによってはあまりポイントバックなかったりもするのですが今は上記のショップが安心して購入できてかつかなりお得です。

 定期的にポイントセールや値引きクーポンなどが配信されていたりもするので何度もチェックして確認してみてください。

 

・まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

最後にメリオ カーボンの特徴をおさらいしましょう。

  • 押しやすさ抜群!
  • スタイリッシュでオシャレ!
  • カーボン素材で軽量!

これらの特徴がメリオ カーボンのオリジナルキャラクターと言って良いでしょう。

もちろんベビーカーはも一長一短なので何かが良ければ何かが悪くなるのは必然的ではありますがデメリットがあなたにとって重大でないのであればメリオ カーボンでOKだと思います。

押しやすさを追求したメリオ カーボンで快適なお出かけを赤ちゃんと楽しんでみてくださいね。

f:id:kanakana-yumo:20200225122624j:plain

2020モデル ピジョン ベビーカー アカチャンホンポ限定 【ランフィリノン4】 評価 ランフィリノン3との違いを解説

f:id:kanakana-yumo:20200309190522p:plain

2020年3月にピジョンから新型ベビーカーとしてランフィRB0が発売されました。そして、そのアカチャンホンポ限定モデルとして4月にランフィリノン4が発売されます。

アカチャンホンポでは今までもオリジナルモデルとしてランフィリノンと呼ばれるベビーカーを発売しており、どれも高い人気を誇っていました。

以前のランフィリノン3から何が変化したのか、通常モデルのランフィRB0との違いは何なのか。

今回はそんなランフィリノン4の魅力を一緒に覗いていきましょう。

ピジョンってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200211205951j:plain
ピジョンはベビー食品、ベビー雑貨などのベビー用品から妊婦帯などのマタニティグッズまで幅広く扱っているメーカーです。特に哺乳瓶の母乳実感などは日本でトップクラスの売上となっており哺乳瓶=ピジョンという方も多いでしょう。

今でこそベビーカー業界での認知も強まりましたが実はピジョンがベビーカー業界に参入したここ数年の話です。2018年辺りからランフィが爆発的なヒットを打ち出し今ではベビーカー業界でもアップリカやコンビなどの錚々たる会社と肩を並べる程になりました。

・ランフィリノン4とは?

f:id:kanakana-yumo:20200309190608p:plain

ランフィリノンとはランフィRB0と呼ばれるベビーカーをベースにアカチャンホンポ限定モデルとして販売されているA型ベビーカです。

基本的な性能はランフィRB0と同じですが限定モデルというだけあって付加機能やオリジナルカラーなど独自の利点もあります。

・基本スペック

サイズ(最大寸法) [折りたたみ時]W516×D380×H940~1030mm
[展開時]W516×D865~890×H815~1040mm(背面位)
[展開時]W525×D890~980×H765~1015mm(対面位)
※奥行、高さはハンドルアジャスターの利用により変わります。
重量 本体重量5.7kg
タイヤ径 対面時前輪:φ180mm 対面時後輪:φ165mm
リクライニング角度 100度~175度
SG基準 SG基準(A形)適合

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200309190500j:plain

・ランフィリノン4の特徴

 

f:id:kanakana-yumo:20200309222037p:plain

ランフィリノン4の基本的な性能ランフィRB0と同じです。ランフィRB0の記事を既に読んでからこのページを見てくださっている方もいると思うのでここでは割愛させていただきます。

ランフィRB0に関してまだ詳しく知らない方はこちらで確認してみてください。

www.kanatano.com

・ランフィRB0との違い

f:id:kanakana-yumo:20200309222439p:plain

ランフィリノン4にはランフィRB0の基本性能に加えて付加機能が搭載されています。

それでは本題のランフィリノン4にしかないオリジナルな特徴を見てみましょう。

・ランフィリノン4のみの特徴4チョイス

・ハンドルアジャスター搭載

f:id:kanakana-yumo:20200309222323p:plain

ランフィリノン4にはランフィRB0にはないハンドルアジャスターが搭載されています。

ハンドルに角度を変える事のできるパーツが付いているので背の高い方でも低い方でも自分の押しやすいベストな位置でベビーカーを押す事ができます。

f:id:kanakana-yumo:20200309222425p:plain

さらに折り畳んだ後にハンドルを調整する事によりよりコンパクトにする事もできるのでランフィRB0よりもさらに小さく収納できるのです。

クールマックスシート搭載

f:id:kanakana-yumo:20200309222554p:plain

ランフィリノン4のシートはクールマックスという素材を使った特殊なシートになっています。

吸水速乾の素材なので夏には汗を吸い上げた後、シートをドライな状態に乾かしてくれます。冬には繊維構造によって保温するのでオールシーズン頼る事の出来る機能です。

・値段や重量が異なる

ランフィリノン4にはこういった付加価値によって機能の向上を図っています。

ただしその分重量が0.1kg重くなり値段も1,000円程上がっています。

機能としては上記の2つが大きな違いなのでこれらの2つの機能が必要か否かでランフィRB0にするかランフィリノン4にするかを選んでも良いでしょう。

アカチャンホンポ限定商品

f:id:kanakana-yumo:20200309222722j:plain

しつこいようですがランフィリノン4はアカチャンホンポ限定モデルの商品となっています。なのでベビーザらス西松屋などに行っても無いのでご注意ください。

もし購入する場合は店頭で購入するかオムニ7のアカチャンホンポで購入をしてみてください。

 

・前モデル ランフィリノン3との違い

f:id:kanakana-yumo:20200309223448j:plain

 ここからは前モデルの"ランフィリノン3"との違いを説明していきたいと思います。

ベースはランフィRB0と同じなので違う点も同じものを挙げる事になります。

なのでランフィRB0の記事を見た方はこちらを飛ばして読んでいただいても大丈夫です。それではランフィリノン3との違いを見ていきましょう。

※画像はランフィRA9とランフィRB0のモノを使用して比較しています

 

・剛性箇所の変更とリベット接合の追加

剛性…リベット…なんじゃそらと思われた事でしょう。

先に結論から申し上げますと、ベビーカーのフレームをより頑丈にすることで安定感の向上が成されています。

ここから眠たい話が続くので飛ばしたい方は飛ばしてください…

 

多くのベビーカーはフレームとフレームを溶接で接合しています。ランフィも例に漏れず溶接接合をほどこしております。

f:id:kanakana-yumo:20200218232737j:plain

上記のようなフレームとフレームが重なる場所ですね。ここを溶接接合を施す事によってフレームの安定に繋げているのです。

その溶接箇所にランフィリノン4には変更がありました。

f:id:kanakana-yumo:20200218232842j:plain

赤丸されている場所に変化があるのがおわかりでしょうか?

フレームを接合する部分を変える事でより深く接合することができ安定感の促進を図っているのです。

またこれによりフレームにリベット接合という技術を使いより強固なフレーム枠を築いているわけですね。

 

とは言っても実際に押してみてこの変化を体感するのは難しいでしょう。

なので溶接工でもない限り気にはならない変化と言ってもいいでしょう。

 

・肩ベルトカバーの改良

2つ目は肩ベルトに変更点が見られました。

以前のモデルでは赤ちゃんの肩ベルトカバーが個々で付いていたのでずれたりしてしまったのですが、ランフィリノン4からは肩ベルトカバーニコイチで繋げているので肩ベルトカバーがずれたり外れたりするのを防ぎます

f:id:kanakana-yumo:20200218234043j:plain

画像はランフィRA9とランフィRB0ですがこの2つだとRB0の方が肩ベルトカバーの位置が少し上にあるのがわかるでしょうか?

実はこのカバーの後ろに紐がついておりこの位置より下にいかないようにされているのです。赤ちゃんに適切な位置でカバーをつける事ができる他失くしてしまう可能性も低くなるという地味にお役立ち機能です。

ランフィリノン4も同じように変更されています。

 

以上がランフィリノン3からの変更点となります。

正直言うとあまりランフィリノン3からの変更点は少なくほぼリノン3と同等の機能といった感じなので前モデルのランフィでも使用面において大きな違いはないと思われます。

・ランフィリノン4のデメリット

ここからはランフィリノン4のデメリットについて見ていきましょう。

基本的な性能はランフィRB0と同じなのでデメリットも同じものを挙げています。

なのでこちらもランフィRB0の記事を見た方はこちらを飛ばして読んでいただいても大丈夫です。それではランフィリノン4のデメリットを見ていきましょう。

・ダブルタイヤと比べると安定感に劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

ランフィの最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

・軽量型ベビーカーの中では大きい

f:id:kanakana-yumo:20200309204006p:plain

ランフィはタイヤが大きくて走行性能が高いのが魅力の一つですが、タイヤが大きいという事はその分大きさも増すという事です。他の軽量型ベビーカーと比べるとやはり少し大きくなってしまうのでコンパクトさを重視に追及される方には怪しいラインかもしれません。

特にコンパクトカーなどでは車に乗らない事もあるので要注意です。

・持ち運びには不向き

f:id:kanakana-yumo:20200217213736j:plain

※写真はランフィRB0のモノです

これも先ほど述べた通り大きめの車体なので持ち運びにも少し向いてないかもしれません。重さは5kg台なので重くて困るといった事は無いとは思いますが、車体が高いので身長の低い方などは持ってもタイヤが地面に当たってしまう可能性があるのです。

ちょっとした持ち運びであればそこまで気にならないとは思いますが常にこのような形で持ってる歩く方にはオススメできません。

・他のメーカーとの比較

f:id:kanakana-yumo:20200217172059j:plain

さて、ここまではランフィを中心にその特徴や比較を行ってきましたがここで他の軽量型のベビーカーとも比較してみましょう。

今回はアップリカとコンビからそれぞれ2つずつ代表として比較してみました。

リンクに詳しい説明も載っているので詳細を知りたい方はそちらを見てみてくださいね。

アップリカ

ラクーナクッションACの特徴

f:id:kanakana-yumo:20200130145829j:plain

  • クッション性が良く振動吸収性能に優れている
  • マグネットにより赤ちゃんのハーネスが付けやすい
  • 反射板を搭載しており太陽の照り返しを防ぐ
  • ハンドルがレザー仕様で肌触りが良い
  • オールラウンドで癖が無く使いやすい
ラクーナビッテクッション 2020の特徴(アカチャンホンポ限定商品)

f:id:kanakana-yumo:20200213171126j:plain

  • 上記のラクーナクッションACの機能はほぼ搭載 (シートの長さは異なる)
  • ハンドルアジャスター搭載
  • シートにクッションがもう1枚追加
  • バスケットが非常に大きくなっている
  • 幌が5枚から7枚になっておりシート全体を包むことができる

・ コンビ

スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT

f:id:kanakana-yumo:20200217214250p:plain

www.kanatano.com

  • 同じグレード帯の中では軽い
  • 持ち運びしやすい
  • 幌が大きくひろびろ
  • エッグショック搭載
  • ハンドルアジャスター搭載

・予約の方法・予約お得な特典

f:id:kanakana-yumo:20200316141050p:plain

ランフィリノン4は4月発売の商品となっているので現在は予約を行っております。

実はランフィリノン4は普通に購入するよりも予約した方が様々な特典が付いてお得なのです。ここではその特典を詳しく見てみましょう。

予約は店舗でも可能ですがネット通販のオムニ7でも可能です。特典も異なってくるのでそちらも比較して見てみましょう。

・キャンペーン価格でお得!

f:id:kanakana-yumo:20200316141323p:plain

ランフィリノン4は予約期間中キャンペーン価格となっています。通常の価格より1,000円安くなっているのでお得です。値下げ幅は大きくはありませんが新商品を無条件で値下げしてもらえると考えると非常にお得な企画ですね。

・ハンドルカバープレゼントでお得!

f:id:kanakana-yumo:20200316141353j:plain

ランフィリノン4を予約購入すると特典としてハンドルカバーがプレゼントでもう1つ付いてきます。通常購入するとハンドルカバーが1つしかないので洗い替えができないのですが、予約するとその洗い替えまでフォローできるようになっているのでかなりお得ですね。

・3000nanacoポイントプレゼントでお得!(オムニ7)

f:id:kanakana-yumo:20200316141402j:plain

オムニ7のアカチャンホンポで予約するとなんと3000円分のnanacoポイントがプレゼントされます。1ポイント1円として使うことができるので実質3000円分値引きされているのと同じですね。これはかなり大きなお得ポイントと言えるでしょう。

・送料無料でお得!(オムニ7)

f:id:kanakana-yumo:20200316141525p:plain

オムニ7で購入した場合は送料無料で自宅まで配送してもらえます。

大きなベビーカーを持って帰るのはかなり大変なので自宅まで送ってもらえる方がやはりありがたいですよね。

子供の生まれて必要になるときに丁度家に届くというのはかなり負担も減るのでお勧めです。

・ベビーパレット よちよちコースプレゼントでお得!(店舗)

f:id:kanakana-yumo:20190925113837j:plain

店舗で予約した場合はベビーパレットというカタログのギフトが特典で付いてきます。

ベビーパレットは出産お祝い用のカタログギフトとなっており価格としては4000円程となっています。

その中から自分の好きな商品を選んで注文できるのでお得なプレゼント企画となっています。

・どちらで買うのがお得か?

さてここでお互いにしかない特典を確認してみましょう。

・店舗のみの特典
  • ベビーパレット よちよちコース
・オムニ7のみの特典
  • 3000nanacoポイント還元
  • 送料無料での自宅配送

これらの違いのみとはなりますがどちらかと言うとオムニ7の方がポイントも沢山還元される上に配送までしてもらえるのでオムニ7の方が非常にお得だと思います。

上記からオムニ7の特典なども詳しく見れます。どうせ購入するならお得にしたいと思うので詳しく確認してみてください。

ちなみに予約の特典は期間限定なのでお早めに決められるのがベストです!

・まとめ

ではここでランフィリノン4の特徴について振り返ってみましょう。

 ランフィリノン4は基本的な性能は同じですが以下の2つのオリジナル機能がメリットです。

これらの機能がランフィRB0にはないランフィリノン4の真骨頂と言ってもいいでしょう。

シングルタイヤから織り成す押しやすさはそのままに利便性の向上を図ったアカチャンホンポ限定モデル"ランフィリノン4"

あなたもこのランフィリノン4でベビーと快適な旅を楽しんでみてくださいね。

f:id:kanakana-yumo:20200309224219p:plain

 

2020年モデル サイベックス ベビーカー "メリオ カーボン" 特徴・評価 日本のベビーカーとの違いを詳しく解説

f:id:kanakana-yumo:20200225122624j:plain

2020年3月にサイベックスのベビーカー"メリオ カーボン"が発売されました。

ドイツの企業から発売されているので日本には無いヨーロッパの発想で作られたベビーカーです。サイベックスは今までにもスタイリッシュでオシャレなベビーカーを数多くしパパやママの心を魅了してきました。

その中で発売されたのがこの"メリオ カーボン"なのです。今までに発売されたサイベックスのベビーカーと何が違うのか、日本のベビーカーとは何が異なるのか気になりますね。

今回はそんな"メリオ カーボン"の特徴を一緒に覗いてみましょう。

 

・はじめに

この記事はメリオ カーボンの事を詳しく知りたい方向けの記事です。

下の目次を見て長すぎ!と思った方は下のリンクを見てみてください。

5分くらいでパパッと読めるように簡単にまとめてあるので、ぜひこちらをご覧ください。

www.kanatano.com

 

・サイベックスってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200225122923p:plain

サイベックスとはドイツ発祥のベビーメーカーです。

ベビーカー、チャイルドシート、ベビーチェアなど数多くの商品を産み出しており人気も上々です。

日本人には馴染みの無い名前かもしれませんが、日本でも数多くの商品が使われています。

日本には無い発想で作られているので機能的にも見た目もスタイリッシュなモノが多く存在します。

・メリオ カーボンはどんなベビーカー?

・基本スペック

MELIO CARBON

本体価格:63,000円+税

使用月齢範囲:新生児〜36ヵ月まで

本体重量 5.8kg

リクライニング:3段階

[展開時]

長さ:820-1010 mm 幅:490 mm 高さ:1070 mm

[折り畳み時]

長さ:最小サイズ715 mm  幅:最小サイズ490 mm 高さ:最小サイズ375 mm

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メリオ カーボン(1台)【サイベックス】[cybex MELIO A型 新生児 ベビーカー]
価格:69300円(税込、送料無料) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200225123338p:plain

・どのような人に向いているのか?

A型ベビーカーは大きく分類すると3つのタイプに分かれます。

  • コンパクトで持ち運びのしやすい軽量型タイプ
  • 大きくて機能性抜群の多機能タイプ
  • 走行性能がピカイチ スタイリッシュな三輪タイプ

メリオ カーボンは軽量型ベビーカーに分類され以下のような方にオススメです。

家や車が小さくスペースが無いのでコンパクトな方が良い
持ち運びする事が多い
値段は抑えたいが性能もある程度望みたい
ある程度押しやすい方がいい
などです。

 

メリオ カーボンはインポート(import)タイプのベビーカーなので日本のベビーカーとは規格が合わない事もありますが基本的な部分は同じです。

ここから詳しく見ていきあなたに合うベビーカーか見極めていきましょう。

 

・サイベックス メリオ カーボンの特徴

・メリオ カーボンならではの機能 5チョイス

・カーボン素材のフレーム

f:id:kanakana-yumo:20200225131250p:plain

メリオ カーボンの最大の特徴がこのカーボン素材で作られたフレームです。

炭素素材で強度が高くその上で軽いのが特徴です。

今までのインポートタイプのベビーカーは日本のモノと比べると重くなってしまうのがデメリットだったのですが、このメリオ カーボンは他の日本メーカーとも対抗できる5.8kgを実現しております。

なので持ち運びも無理なくできて利便性の向上につながりました。

・シート切り替え式両対面ベビーカー

f:id:kanakana-yumo:20200225133443p:plain

こういった四輪型のベビーカーは基本的に両対面式のベビーカーが多いです。

新生児の時には赤ちゃんの顔を見ながら押す事ができて、ある程度大きくなったら後ろから押して赤ちゃんに外の世界を見せてあげる事ができるのです。

メリオ カーボンも両対面式ベビーカーに分類されますがこれあ日本のベビーカーとは違ってハンドルを切り替えるのではなくシートを切り替えて使うベビーカーになるのです。

f:id:kanakana-yumo:20200225133331j:plain

これは日本のベビーカーであるランフィRB0と呼ばれるベビーカーです。

このようにハンドル切り替えて使う事ができるのが日本の一般的なベビーカーです。

f:id:kanakana-yumo:20200225133608p:plain

メリオ カーボンはこのようにシート自体が外れるようになっているのでそのままシートを外して向きを変えて使っていただく形になるのです。

これによってどんなメリットが生まれるかは次の項目で説明していきたいと思います。

・ストレートフレーム構造

メリオ カーボンはストレートフレームといって押すときにタイヤに力が届きやすい構造になっています。

f:id:kanakana-yumo:20200225134730p:plain

横から見ると一目瞭然ですがこのようにハンドルからタイヤまでフレームが一直線に繋がっているのでとても押しやすい構造となっています。

右のようなハンドル切り替え式のベビーカーはハンドルを動かす必要がある為どうしてもフレームが分割されてしまうデメリットがあったのですが、メリオ カーボンではシート切り替え式にすることによってこのデメリットを消しているのです。

・軽量型インポートタイプベビーカー

f:id:kanakana-yumo:20200225142201p:plain

インポートタイプのベビーカーは基本的に重量が重くて持ち運びがしにくいのがデメリットとしてありました。

サイベックスのベビーカーも7kg以上のベビーカーが多く軽量型と呼ばれるものは少なかったのです。

しかし、メリオ カーボンはカーボン素材を使用することにより日本のベビーカーと同じくらいの重量を実現し、日本人にも扱いやすいベビーカーとして評価されています。

・シングルタイヤで押しやすさ抜群

f:id:kanakana-yumo:20200225142324p:plain

メリオ カーボンはシングルタイヤといってタイヤが1輪しか付いていないのが特徴です。 

ベビーカーにはダブルタイヤとシングルタイヤと2種類のタイプが存在しておりそれぞれに良い所があるのです。

シングルタイヤの特徴としてはタイヤが大きくて押しやすく小回りが利きやすい事にあります。またベアリングが採用されているのでスイスイ押す事ができてとても走行性能に優れています。

ストレートフレーム・シングルタイヤ・ベアリング

この3つが備わっており軽量型の中でも屈指の押しやすさを誇っています。

 

・基本的だからこそ知っておきたい機能 5チョイス

・新生児から使用可能なベビーカー

f:id:kanakana-yumo:20200225142801p:plain

基本的にA型ベビーカーの使用期間は1ヶ月~36ヶ月となっています。

しかし、このメリオ カーボンは新生児からでも使う事の出来るリクライニング構造となっており他の日本のメーカーと比べても長く使う事の出来るベビーカーとなっています。

・メッシュシート搭載

f:id:kanakana-yumo:20200225142815p:plain

メリオ カーボンはクッションを取る事によってメッシュシートにも切り替えることが可能です。メッシュシートにする事によって通気性が向上するので赤ちゃんの背中が蒸れるという事を避ける事ができます。

今までのインポートタイプのベビーカーではあまりこういった通気性に焦点を当てていませんでしたがメリオ カーボンではこういったところも日本向けになっています。

 

・UPF+50のXXLサイズ ビッグキャノピー

f:id:kanakana-yumo:20200225142837p:plain

メリオ カーボンは軽量型ベビーカーの中でもかなり大きな幌となっています。

日光や花粉などあらゆる物からベビーを守ってくれるので非常にウレシイ機能ですね。

・XXLサイズ ビッグバスケット

f:id:kanakana-yumo:20200225142856p:plain

画像を見ていただいても分かると思うのですが、メリオ カーボンのバスケットは非常に大きな作りとなっています。

他の日本メーカーの軽量型と比べてもダントルで大きく沢山荷物をのせられるようになっているのです。

荷物を下のバスケットに沢山のせたい方などはとても便利な機能の一つですね。

・ハイシート

f:id:kanakana-yumo:20200225143056p:plain

メリオ カーボンのシートは52cmのハイシートとなっています。シートが高いと赤ちゃんを地面から伝わる熱やホコリから遠ざけてくれる上に、パパやママとの距離も近くなり下ろししやすくなります。今のベビーカーは大体がこのハイシート仕様になっているのでメリオ カーボンだけの特徴とは言い難いですがこれも大事な特徴の一つです。

・他にもこんな特徴が

・トラベルシステム対応

f:id:kanakana-yumo:20200225144336p:plain

メリオ カーボンはトラベルシステムといってカーシートにもベビーカーにも兼用して使用する事のできるパーツにも対応しています。

しかし残念ながらこのトラベルシステムのパーツは日本では発売していません。

今のところ発売の予定は無いみたいなので手に入れるにはネットなどを駆使する必要がありますね。 

・メリオ カーボンのデメリット

・赤ちゃんを乗せたまま向きを変えれない

f:id:kanakana-yumo:20200225143056p:plain

メリオ カーボンはハンドルを切り替えるタイプでなくシートを切り替えて向きを変えるタイプのベビーカーです。

なので赤ちゃんが寝ている状態ではシートの向きを変える事ができないのがデメリットの1つです。

とは言っても基本的に月齢に合わせて切り替えていくものなので、お出かけの途中で頻繁に向きを変えたくなるような事はないと思いますが…

・折りたたみがスムーズにできない

f:id:kanakana-yumo:20200225142201p:plain

メリオ カーボンは独特な開閉の仕方をしており、日本のベビーカーと比べるとややこしいのです。片手で折り畳むことも開くこともできないので外で開閉を頻繁に行う方には向いていないかもしれません。

・ダブルタイヤと比べると安定感に劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

 

・日本のメーカーとの比較

アップリカ

ラクーナクッションABの特徴

f:id:kanakana-yumo:20200211211608j:plain

  • クッション性が良く振動吸収性能に優れている
  • マグネットにより赤ちゃんのハーネスが付けやすい
  • 反射板を搭載しており太陽の照り返しを防ぐ
  • ハンドルがレザー仕様で肌触りが良い
  • オールラウンドで癖が無く使いやすい
ラクーナビッテクッションの特徴

f:id:kanakana-yumo:20190909181834j:plain

www.kanatano.com

  • 上記のラクーナクッションABの機能はほぼ搭載 (シートの長さは異なる)
  • ハンドルアジャスター搭載 非常にコンパクトになる
  • シートにクッションがもう1枚追加
  • バスケットが非常に大きくなっている
  • 幌が5枚から7枚になっておりシート全体を包むことができる
  • オリジナルと比べて重量が0.1kg増した
  • アカチャンホンポ限定商品

・ コンビ

・スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT

f:id:kanakana-yumo:20200217214250p:plain

www.kanatano.com

  • 軽い
  • 持ち運びしやすい
  • 幌が大きくひろびろ
  • エッグショック搭載
  • ハンドルアジャスター搭載

ピジョン

・ランフィRB0

f:id:kanakana-yumo:20200213213511j:plain

www.kanatano.com

  • シングルタイヤにより押しやすさ抜群
  • ボールベアリングを搭載しており小回りが利く
  • 足元に幅があり押すときにタイヤが邪魔にならない
  • 見た目がスタイリッシュでオシャレ
  • 本体が大きくかさばり、持ち運びに不向き
・ランフィリノン4の特徴

f:id:kanakana-yumo:20200519152829j:plain

www.kanatano.com

  • ベースはランフィRa9の為上記の機能性は同じ
  • ハンドルアジャスター搭載 少しコンパクトになる
  • クールMAXシートにより背中がむれにくい
  • Ra9と比べると値段が1000円高
  • アカチャンホンポ限定商品

・メリオ カーボンをお得に買う方法

ベビーカーはどこで購入しても同じだと思っている方 それは間違いです。

ネットの方がお得なのは多くの方が知っているとは思うのですが、購入するサイトによってはかなりお得に購入できるのです。

現在では実は楽天がかなりお勧めです。

 


 

新商品なので値段はどこのサイトも変わらないのですが、楽天では非常に多くのポイントが付与されるのです。

そのポイントはなんと...10,000ポイント以上

つまり実質10,000円以上の値引きがされているようなモノなのです。60,000円台のメリオが50,000円台で購入できるとなると非常にウレシイですよね。

楽天の中でもショップによってはあまりポイントバックなかったりもするのですが今は上記のショップが安心して購入できてかつかなりお得です。

 定期的にポイントセールや値引きクーポンなどが配信されていたりもするので何度もチェックして確認してみてください。

 

・まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

最後にメリオ カーボンの特徴をおさらいしましょう。

  • 押しやすさ抜群!
  • スタイリッシュでオシャレ!
  • カーボン素材で軽量!

これらの特徴がメリオ カーボンのオリジナルキャラクターと言って良いでしょう。

もちろんベビーカーはも一長一短なので何かが良ければ何かが悪くなるのは必然的ではありますがデメリットがあなたにとって重大でないのであればメリオ カーボンでOKだと思います。

押しやすさを追求したメリオ カーボンで快適なお出かけを赤ちゃんと楽しんでみてくださいね。

f:id:kanakana-yumo:20200225122624j:plain

2020モデル【ランフィRB0】ピジョン 新型ベビーカー 評価やメリット・デメリット ランフィRA9との違いも解説

f:id:kanakana-yumo:20200217202938j:plain

2020年3月6日に満を持してピジョンが新型A型ベビーカー、ランフィRB0を発売します。

2018年に発売された"ランフィRA8"そして2019年に発売された"ランフィRA9"の後継モデルとして発売される"ランフィRB0"。

共に高い人気を誇ってきたこのランフィの期待の新作はこれから赤ちゃんが生まれる方にはやはり目が離せませんよね。

他のメーカーと比較するとどのように違うのか、前モデルのランフィRA9とRB0の違いはなんなのか。

今回はそんなランフィRB0の特徴を一緒に覗いていきましょう。

 

・はじめに

この記事はランフィRB0の事を詳しく知りたい方向けの記事です。

下の目次を見て長すぎ!と思った方は下のリンクを見てみてください。

5分くらいでパパッと読めるように簡単にまとめてあるので、ぜひこちらをご覧ください。

www.kanatano.com

 

 目次

ピジョンってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200211205951j:plain
ピジョンはベビー食品、ベビー雑貨などのベビー用品から妊婦帯などのマタニティグッズまで幅広く扱っているメーカーです。特に哺乳瓶の母乳実感などは日本でトップクラスの売上となっており哺乳瓶=ピジョンという方も多いでしょう。

今でこそベビーカー業界での認知も強まりましたが実はピジョンがベビーカー業界に参入したここ数年の話です。2018年辺りからランフィが爆発的なヒットを打ち出し今ではベビーカー業界でもアップリカやコンビなどの錚々たる会社と肩を並べる程になりました。

・ランフィRB0とは?

f:id:kanakana-yumo:20200217203021j:plain

・基本スペック

Runfee RB0

本体価格:54,000円+税

使用月齢範囲:生後1ヵ月〜36ヵ月まで

本体重量 5.5kg

リクライニング角度:100度〜175度

タイヤ径対面時:前輪Φ180mm 対面時後輪Φ165mmサイズ(最大寸法)

[折りたたみ時]W516×D380×H1028mm
[展開時]W516×D830×H1015mm(背面位)
[展開時]W525×D945×H1015mm(対面位)

 

ランフィRB0は軽量型ベビーカーといって軽くある程度持ち運びしやすいのがメリットの1つとなっています。加えてランフィはその押しやすさにも定評があります。ランフィRB0があなたにあったベビーカーかまた後ほど詳しく見てみましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ランフィRB0(1台)【ピジョン】
価格:59400円(税込、送料無料) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 

 

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200217203804j:plain

・どのような人に向いているのか?

f:id:kanakana-yumo:20200217204228j:plain
A型ベビーカーは大きく分類すると3つのタイプに分かれます。

  • コンパクトで持ち運びのしやすい軽量型タイプ
  • 大きくて機能性抜群の多機能タイプ
  • 走行性能がピカイチ スタイリッシュな三輪タイプ

ランフィRB0は軽量型ベビーカーに分類され以下のような方にオススメです。

  • 家や車が小さくスペースが無いのでコンパクトな方が良い
  • 持ち運びする事が多い
  • 値段は抑えたいが性能も捨てきれない
  • タイヤが大きく押しやすい方がいい

などです。

 

ランフィRB0は同じピジョンのベビーカーの中でもコンパクトモデルとなるので、重量も軽く値段もそこそこに設定されています。

逆にもっと大きくてガッシリとしたベビーカーが良い方やスペースにゆとりのある方などは1つ上のグレードとなる"多機能ベビーカー"を検討してみても良いかもしれません。

ピジョンの多機能ベビーカーの詳細はコチラ

www.kanatano.com

 

 

・ランフィBA0の特徴

・全ては押しやすくする為に… パパやママにウレシイ機能 5チョイス

・シングルタイヤ

f:id:kanakana-yumo:20200217210503j:plain

まずはランフィの最大の特徴とも言えるシングルタイヤです!

基本的に四輪型ベビーカーのほとんどがダブルタイヤと呼ばれる2つのタイヤを使用しています。

ランフィはこのダブルタイヤから一新してシングルタイヤと呼ばれる新しいタイプのタイヤを採用しており、その機能性を遥かに向上させました。

ダブルタイヤとシングルタイヤとで比較したメリットはこちらになります。

  • 押しやすさが格段にアップ
  • 小回りが利きやすい
  • 足元が広くなり押すときに邪魔になりにくい
  • 見た目がスタイリッシュでおしゃれ

などですね。シングルタイヤから織り成すこの押しやすさこそがランフィの真骨頂と言え、軽量型ビーカーの中ではトップクラスと言っても過言ではないでしょう。

 

・ボールベアリング搭載

f:id:kanakana-yumo:20190505114742p:plain

ランフィBA0では普通のベアリングではなくボールベアリングと呼ばれるベアリングを採用しています。

前モデルであるランフィRA9からこのボールベアリングは採用されており押しやすさは格段にアップしました。

しかもベアリング業界でもトップに君臨するミネビアミツミと呼ばれる会社のボールベアリングを使っているのです。

・足元広々フレーム

f:id:kanakana-yumo:20200217210748j:plain
先ほども軽く述べましたがランフィはタイヤ2個分足元が空き広々としています。

タイヤとタイヤの間に空間があることで押したときに足がタイヤに当たってしまうという弊害が無くなりより押しやすくなっているのです。

足の長い方には結構重要な特徴だったりもするのです。

・スイング式サスペンション

f:id:kanakana-yumo:20200211224802p:plain

ランフィBA0にはスイング式サスペンションと呼ばれるサスペンションが採用されております。

他のメーカーで同じグレードのベビーカーであればタイヤにサスペンションは搭載されているものがほとんどだと思いますが、ピジョンは独自のサスペンションを使用しているのです。

段差とかを乗り越える時に一役買いそうな作りのサスペンションですね。

・ギュットグリップ

f:id:kanakana-yumo:20200217214026j:plain

ランフィBA0にはベビーカーと一緒にシルク素材でできたハンドルカバーが付いてきます。通常ベビーカーのハンドルはスポンジ調のような素材でできており、そこから各々自分の好きなハンドルカバーを購入してカスタマイズしていきます。

しかし、ランフィBA0には最初からフィット感の良いカバーが付いているのでお得ですね。

 ・ベビーにも快適さを… 赤ちゃんにウレシイ機能 5チョイス

f:id:kanakana-yumo:20200217211543p:plain

・ハグットシートSOFTON

f:id:kanakana-yumo:20200217211953j:plain

ピジョン独自のクッション"エルク"を使用したクッションです。やわらかくて肌触りの良いクッションに仕上げています。

リバーシブルシート

f:id:kanakana-yumo:20200217211939j:plain
シートはリバーシブルで使用する事ができます。

例えば赤ちゃんがベビーカーでよだれをたくさん付けてしまってベタベタになってしまった時や、飲み物をこぼしてべちょべちょになってしまった時など。

サッと裏返して使う事もできて、赤ちゃんも汚れたシートのまま座ることも無く嬉しいですね

・トリプルスルーシート

f:id:kanakana-yumo:20200217212005j:plain
シートは通気性にも配慮されています。赤ちゃんの体温というのは大人よりも高いのでメッシュ構造になっていないと蒸れてしまうので大変なのです。

ベビーカーだけではなく抱っこ紐、チャイルドシートなども通気性に優れた物を選んでおきましょう。

・洗濯機で丸洗いできるシート

ランフィBA0のシートは洗濯機で丸洗いが可能です。汚れてもサッと洗えて次のお出かけに備える事ができてベビーも安心ですね。

今のベビーカーのシートは大体洗う事が可能ですが、中には手洗いのみというモノもあるので注意が必要です。

ハイポジションシート

f:id:kanakana-yumo:20200217212151j:plain
ランフィBA0のシートは54.5cmのハイシートとなっています。シートが高いと赤ちゃんを地面から伝わる熱やホコリから遠ざけてくれる上に、パパやママとの距離も近くなり下ろししやすくなります。今のベビーカーは大体がこのハイシート仕様になっているのでランフィBA0だけの特徴とは言い難いですがこれも大事な特徴の一つです。

 

・他にもウレシイ便利な機能

・コンパクトで軽い

f:id:kanakana-yumo:20200217212544j:plain

ランフィRB0の重量は5.5kg。軽量型ベビーカーに分類されるだけあって軽くコンパクトになるのが特徴です。

家の玄関などにスペースが無い、車のトランクが小さいなどの方でも使用できるよう作られています。

・大きなバスケット

f:id:kanakana-yumo:20200217212829j:plain

ランフィRB0のバスケットは軽量型ベビーカーの中でも比較的大きめに作られています。その為多少の荷物も積む事ができるようになっており、お出かけの時の負担を軽減してくれます。

・見た目がスタイリッシュでオシャレ

f:id:kanakana-yumo:20200217212410j:plain
これは完全なる主観の問題となりますが、ランフィはそのオシャレさにも定評があります。

カラーバリエーションもそうなのかもしれませんが何よりシングルタイヤのおかげで他のベビーカーとは一線を画すデザインになっているのが大きいのかもしれません。

とは言ってもここは人それぞれなのであなたの好きなベビーカーを選ぶのが一番大事です。デザインは地味に結構重要だったりしますよ。

 

・前モデルランフィRA9との違い

f:id:kanakana-yumo:20200211231651j:plain 

www.kanatano.com

ここでは前モデルであるランフィRA9との違いについて見てみましょう。

ただかなりマニアックな点が変更されているのであまり関心は抱きにくいかもしれません…ランフィRA9との変更点はこちらの2つとなります。

 

・剛性箇所の変更とリベット接合の追加

剛性…リベット…なんじゃそらと思われた事でしょう。

先に結論から申し上げますと、ベビーカーのフレームをより頑丈にすることで安定感の向上が成されています。

ここから眠たい話が続くので飛ばしたい方は飛ばしてください…

 

多くのベビーカーはフレームとフレームを溶接で接合しています。ランフィも例に漏れず溶接接合をほどこしております。

f:id:kanakana-yumo:20200218232737j:plain

上記のようなフレームとフレームが重なる場所ですね。ここを溶接接合を施す事によってフレームの安定に繋げているのです。

その溶接箇所にRB0は変更があったようです。

f:id:kanakana-yumo:20200218232842j:plain

赤丸されている場所に変化があるのがおわかりでしょうか?

フレームを接合する部分を変える事でより深く接合することができ安定感の促進を図っているのです。

またこれによりフレームにリベット接合という技術を使いより強固なフレーム枠を築いているわけですね。

 

とは言っても実際に押してみてこの変化を体感するのは難しいでしょう。

なので溶接工でもない限り気にはならない変化と言ってもいいでしょう。

 

・肩ベルトカバーの改良

2つ目は肩ベルトに変更点が見られました。

以前のモデルでは赤ちゃんの肩ベルトカバーが個々で付いていたのでずれたりしてしまったのですが、ランフィRB0からは肩ベルトカバーをニコイチで繋げているので肩ベルトカバーがずれたり外れたりするのを防ぎます。

f:id:kanakana-yumo:20200218234043j:plain

少し分かりにくいですがランフィRA9とランフィRB0だとRB0の方が肩ベルトカバーの位置が少し上にあるのがわかるでしょうか?

実はこのカバーの後ろに紐がついておりこの位置より下にいかないようにされているのです。

赤ちゃんに適切な位置でカバーをつける事ができる他失くしてしまう可能性も低くなるという地味にお役立ち機能です。

 

以上がランフィRA9からの変更点となります。

他にも重量が0.1kg増えていたりと細かい変更点はありますが大きな変更点はこの2つと思っていただいて大丈夫です。

正直言うとあまりRA9からの変更点は少なくほぼRA9と同等の機能といった感じなので前モデルのランフィでも使用面において大きな違いはないと思われます。

 

・ランフィRB0をお得に購入する方法

ベビーカーはどこで購入しても同じだと思っている方 それは間違いです。

ネットの方がお得なのは多くの方が知っているとは思うのですが、購入するサイトによってはかなりお得に購入できるのです。

現在では実は楽天がお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ランフィRB0(1台)【ピジョン】
価格:59400円(税込、送料無料) (2020/5/19時点)

楽天で購入

 


そのポイントはなんと...10,000ポイント以上!新商品なので値段はどこのサイトも変わらないのですが、楽天では非常に多くのポイントが付与されるのです。

つまり実質10,000円以上の値引きがされているようなモノなのです。

楽天の中でもショップによってはあまりポイントバックなかったりもするのですが今は上記のショップが安心して購入できてかつかなりお得です。

 定期的にポイントセールや値引きクーポンなどが配信されていたりもするので何度もチェックして確認してみてください。

・今なら前モデルのランフィRA9がお得に買える

モデルチェンジが発表されたことによりネットショッピングなどではランフィRA9の値段がかなり低くなっています。サイトによっては元々の値段が税込59,400円だったモノが30,000円台という破格の安さまで下がっておりお得になっています。

新機種にこだわりが無くランフィが欲しい方には朗報ですがどの販売店でも在庫限りの販売となるのでランフィを安く買いたい方は今がチャンスと言えるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン ランフィ RA9(1台)【ピジョン】[A型ベビーカー バギー]
価格:39600円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)

楽天で購入

 

 こちらも楽天がかなり狙い目です。値段も安いのですが、ポイントも3,000ポイントくらいつくので非常にお得ですよ。

ただし、現行品が無くなり次第購入する事ができなくなるのでランフィをお得に購入するのであれば今がチャンスです!


・ランフィリノン4との違いは?

f:id:kanakana-yumo:20200309183523p:plain

 

ランフィRB0にはアカチャンホンポ限定モデルとしてランフィリノンと呼ばれる商品を発売しています。

ベースはランフィRB0と同じなのですが限定品というだけあって付加機能やオリジナルカラーなどの展開も行っておりランフィRB0には無いメリットもあります。

その一方でアカチャンホンポでしか買えない、ランフィRB0と比べて高いなどのデメリットもあり一概に上位互換とは言えないところもあります。

ランフィリノン4について詳しくまとめた記事もありますのでこちらをご覧ください。

www.kanatano.com

ランフィRB0のデメリット 

f:id:kanakana-yumo:20200217213752j:plain
押しやすくてオシャレで機能性の高いランフィBA0ですがもちろんデメリットも存在します。特に他には無いシングルタイヤという特徴を持っているのでここも気になるところですよね。それでは順にランフィBA0のデメリットを見ていきましょう。

・ダブルタイヤと比べると安定感に劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

ランフィの最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

f:id:kanakana-yumo:20200217213904j:plain

極端な例ではありますが 自分の周りにはまりやすい溝などは多くないか?、そういった道を通る事が多くはないかといった事を踏まえて自分にあったベビーカーを選ぶ事が大事なのです。

・軽量型ベビーカーの中では大きい

f:id:kanakana-yumo:20200217214008j:plain
さっきはランフィRB0はコンパクトだと言ったのにどっちだよ…と思われるかもしれません。しかし、それはあくまで大型のベビーカーと比較しての話です。

ランフィはタイヤが大きくて走行性能が高いのが魅力の一つですが、タイヤが大きいという事はその分大きさも増すという事です。他の軽量型ベビーカーと比べるとやはり少し大きくなってしまうのでコンパクトさを重視に追及される方には怪しいラインかもしれません。

特にコンパクトカーなどでは車に乗らない事もあるので要注意です。

・持ち運びには不向き

f:id:kanakana-yumo:20200217213736j:plain

これも先ほど述べた通り大きめの車体なので持ち運びにも少し向いてないかもしれません。重さは5kg台なので重くて困るといった事は無いとは思いますが、車体が高いので身長の低い方などは持ってもタイヤが地面に当たってしまう可能性があるのです。

ちょっとした持ち運びであればそこまで気にならないとは思いますが常にこのような形で持ってる歩く方にはオススメできません。

 

・他のメーカーとの比較

f:id:kanakana-yumo:20200217172059j:plain

さて、ここまではランフィを中心にその特徴や比較を行ってきましたがここで他の軽量型のベビーカーとも比較してみましょう。

今回はアップリカとコンビからそれぞれ2つずつ代表として比較してみました。

リンクに詳しい説明も載っているので詳細を知りたい方はそちらを見てみてくださいねー 

アップリカ

ラクーナクッションABの特徴

f:id:kanakana-yumo:20200211211608j:plain

  • クッション性が良く振動吸収性能に優れている
  • マグネットにより赤ちゃんのハーネスが付けやすい
  • 反射板を搭載しており太陽の照り返しを防ぐ
  • ハンドルがレザー仕様で肌触りが良い
  • オールラウンドで癖が無く使いやすい
ラクーナビッテクッションの特徴

f:id:kanakana-yumo:20190909181834j:plain

www.kanatano.com

  • 上記のラクーナクッションABの機能はほぼ搭載 (シートの長さは異なる)
  • ハンドルアジャスター搭載 非常にコンパクトになる
  • シートにクッションがもう1枚追加
  • バスケットが非常に大きくなっている
  • 幌が5枚から7枚になっておりシート全体を包むことができる
  • オリジナルと比べて重量が0.1kg増した
  • アカチャンホンポ限定商品

・ コンビ

スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT

f:id:kanakana-yumo:20200217214250p:plain

www.kanatano.com

  • 軽い
  • 持ち運びしやすい
  • 幌が大きくひろびろ
  • エッグショック搭載
  • ハンドルアジャスター搭載

 

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ランフィRB0の最大の魅力である押しやすさはご理解いただけましたか?

ランフィの最大の特徴は本当にその押しやすさにあります。スイスイと小回りも利きますし、ガタガタした道でもある程度の安定感を保持して走らせることができるのが何よりのメリット。デザインもスタイリッシュでオシャレなので他のベビーカーからも一目置かれて良い感じかもしれませんね。

その一方で少し大きめの作りになっているのでコンパクトさや持ち運びの利便性を視野に入れている方には少し向かない一面もあるかもしれません。

 

2020年の期待の新作ランフィRB0であなたも赤ちゃんとの快適な旅を楽しんでみましょう。

f:id:kanakana-yumo:20200217214454j:plain



ピジョン 多機能型ベビーカー fino フィーノ 評価・メリット・デメリットを解説

f:id:kanakana-yumo:20200217171139j:plain

2017年に発売ピジョンから発売された多機能型ベビーカー、フィーノ。ピジョンからはランフィと言うベビーカーも発売されており両機種とも他のメーカーにはないシングルタイヤという特徴を持っています。

今流行りのシングルタイヤはランフィにだけしか無いと思いがちですが実はフィーノも同じシングルタイヤなのです。同じシングルタイヤを持つベビーカー同士どのような違いがあるのか気になりますよね?

今回はそんなピジョンのフィーノの特徴を一緒に覗いていきましょう。

ピジョンってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200211205951j:plain
ピジョンはベビー食品、ベビー雑貨などのベビー用品から妊婦帯などのマタニティグッズまで幅広く扱っているメーカーです。特に哺乳瓶の母乳実感などは日本でトップクラスの売上となっており哺乳瓶=ピジョンという方も多いでしょう。

今でこそベビーカー業界での認知も強まりましたが実はピジョンがベビーカー業界に参入したここ数年の話です。2018年辺りからランフィが爆発的なヒットを打ち出し今ではベビーカー業界でもアップリカやコンビなどの錚々たる会社と肩を並べる程になりました。

・フィーノってどんなベビーカー?

f:id:kanakana-yumo:20200217171243j:plain

・基本スペック

・本体価格:¥62,000+税
・使用月齢範囲:生後1ヵ月~36ヵ月まで(体重15kg以下)
・重量:本体重量6.8kg(ハグットシートSD付)
・リクライニング角度:115度~165度
・タイヤ径:φ180mm
・サイズ(最大寸法)
・[折りたたみ時]W510×D400×H1020〜1120mm

・[展開時]W510×D800〜960×H870〜1110mm(背面位)

・[展開時]W540×D880〜1040×H800〜1065mm(対面位)

※奥行、高さはハンドルアジャスターの利用により変わります。

 

ピジョン フィーノは大きく機能的に充実しているのが特徴です。

その分値段や重さなども向いているか向いていないかも大きく分かれるベビーカーです。あなたにピジョン フィーノがあなたに適切かどうかも次の項目で詳しく見てみましょう。

 

・カラーバリエーション

f:id:kanakana-yumo:20200217161643j:plain

・どのような人に向いているのか?

f:id:kanakana-yumo:20200208233416j:plain

A型ベビーカーは大きく分類すると3つのタイプに分かれます。

  • コンパクトで持ち運びのしやすい軽量型タイプ
  • 大きくて機能性抜群の多機能タイプ
  • 走行性能がピカイチ スタイリッシュな三輪タイプ

フィーノは多機能型ベビーカーに分類され以下のような方にオススメです。

  • 家や車などスペースにゆとりがあり大きさを気にしない
  • 長時間持ち運ぶことが少なく重さを気にしない
  • 少し高くても良いものを買いたい
  • タイヤが大きく押しやすい方がいい
  • 赤ちゃんの座るシートは広い方が良い
  • 荷物を沢山乗せれる大きなバスケットが欲しい

 などです。

 

フィーノは大きくて重量もそこそこにあるのでコンパクトさや軽さを求める方には向いていませんが、その分性能に優れています。もしこれらの特徴を見て"大きいのは邪魔だなぁ"、"持ち運ぶ機会が多いから軽い方がいいな"などの感想を抱いたなら軽量型ベビーカーの検討をオススメします。

ピジョンの軽量型ベビーカーの記事はこちら

www.kanatano.com

・フィーノの主な特徴

・押しやすさバツグンのシングルタイヤ

f:id:kanakana-yumo:20200217171421j:plain

フィーノの一番の特徴は押しやすさです。その押しやすさの理由はこのシングルタイヤにあります。基本的に四輪型ベビーカーのほとんどがダブルタイヤと呼ばれる2つのタイヤを使用しています。

フィーノはこのダブルタイヤから一新してシングルタイヤと呼ばれる新しいタイプのタイヤを採用しており、その機能性を遥かに向上させました。

ダブルタイヤとシングルタイヤとで比較したメリットはこちらになります。

  • 押しやすさが格段にアップ
  • 小回りが利きやすい
  • 足元が広くなり押すときに邪魔になりにくい
  • 見た目がスタイリッシュでおしゃれ

などですね。シングルタイヤから織り成すこの押しやすさこそがランフィの真骨頂と言え、軽量型ビーカーの中ではトップクラスと言っても過言ではないでしょう。

・U字デザイン

f:id:kanakana-yumo:20200217171443j:plain

フィーノはシングルタイヤを採用しているのでタイヤが2個分足元が空き広々としています。

タイヤとタイヤの間に空間があることで押したときに足がタイヤに当たってしまうという弊害が無くなりより押しやすくなっているのです。

足の長い方は程タイヤに足をぶつけてしまうのをやりがちなので結構重要な特徴だったりもするのです。

・スイング式サスペンション

f:id:kanakana-yumo:20200211224802p:plain

ピジョンのフィーノは他メーカーには無いスイング式サスペンションを採用しています。

サスペンションとはタイヤが地面から伝わる衝撃を吸収し柔らげる機能を担っております。自転車や自動車にも採用されておりこれがあるからこそ私たちのお尻はガタガタする振動から守られお尻が痛くならないのですよ。

その中もこのスイング式サスペンションは段差を乗り越える時などに活躍するようなサスペンションとなっています。

・ママだっこサスペンション

f:id:kanakana-yumo:20200217171512j:plain

フィーノは座面の下四か所にサスペンションを配置しています。タイヤのサスペンションだけでは吸収しきれない振動をこのサスペンションで緩和してくれるのです。

赤ちゃんがベビーカーの中でより快適に過ごせるように考えれた機能ですね。

ハイポジションシート

f:id:kanakana-yumo:20200217171601j:plain

フィーノは56cmのハイシートとタイプなっています。

シートが高いと赤ちゃんを地面から伝わる熱やホコリから遠ざけてくれる上に、パパやママとの距離も近くなり下ろししやすくなります。

今のベビーカーは大体がこのハイシート仕様になっているのでフィーノだけの特徴とは言い難いですがこれも大事な特徴の一つですね。

ハイシートの中でもシートの高さはベビーカーによっても数cmの差はありますが、体感としてはそこまで変わらないと思うのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

・ハンドルアジャスター搭載

f:id:kanakana-yumo:20200217171617j:plain

フィーノのハンドルにはアジャスターが付いておりハンドルの高さを自由に変えることができます。身長の高い方でも低い方でも自分の押しやすい位置に調整できるという地味に便利な機能なのです。

f:id:kanakana-yumo:20200217171743j:plain

またこのハンドルアジャスター機能を使えば折り畳んだ後少しコンパクトにする事ができるというのも地味に便利なポイントです。

車などに積むときにアジャスターを使用するとスペースを確保できて便利ですよ。

・大型幌とバスケット

f:id:kanakana-yumo:20200217171716j:plain

 フィーノの幌は軽量型ベビーカーのランフィなどと比べると大きな作りとなっておりシート全体を包む事ができます。

f:id:kanakana-yumo:20200217171733j:plain

またバスケット大きめとなっておりたくさんの荷物をのせる事ができるようになっています。

・フィーノのデメリット

・大きくて重い

f:id:kanakana-yumo:20200217171859p:plain

フィーノの重量は6.8kgです。コンビの軽量型ベビーカーは重量5kgほどとなっており比較すると中々の重さになります。

移動の手段がバスや電車がメインという方にすればこのベビーカーを持ちながら歩くことになってしまいとても向いているとは言えません。

ちょっとした車の積み降ろしなどならパパがいれば難しくはないと思いますが、ママ1人でこれを頻繁に持つとなればなかなかしんどいでしょう。

・本体価格が高い

クロスゴーのお値段は税抜62,000円となります。消費税を入れると70,000円近くの金額になりなかなかの出費となります。もちろんその分機能性は優れているので値段相応ではあるのですが、ベビーには今後も色々とお金がかかりますからね...

・ダブルタイヤと比べると安定性が劣る

f:id:kanakana-yumo:20200211205526p:plain

最大のメリットとも言えるシングルタイヤですが、通常のダブルタイヤと比べてマイナスな一面もあります。タイヤが一つしかない為安定感ではダブルタイヤに劣ってしまうのです。

例えば、溝などにはまってしまった時ダブルタイヤなら片方のタイヤは地面に着いたままなので復帰も簡単にできます。

しかし、シングルタイヤだと車体そのものが傾いてしまうので復帰にそれなりの力を要します。他にも線路の溝にはまってしまう可能性があります。

f:id:kanakana-yumo:20200217171956j:plain

あくまで極端な例ではありますが

自分の周りにはまりやすい溝などは多くないか?、そういった道を通る事が多くはないかといった事を踏まえて自分にあったベビーカーを選んでみてください。

・他のメーカーと比較して

・コンビ

アンブレッタシリーズとの違いは?

f:id:kanakana-yumo:20200128220140p:plain

  • プレミアムモデルとモデルの2種類が存在している

  • プレミアムVerにはレッグサポートと防水仕様のカゴカバーが付属
  • 幌が大きく360°ベビーを守る事のできる仕様
  • 完全防水幌により赤ちゃんを雨から守る事ができる

AttOシリーズとの違いは?

f:id:kanakana-yumo:20200128220537p:plain

  • 3種類のグレードが存在している
  • 高さ61cmの超ハイシート(クロスゴーは58cm)
  • ボールベアリング搭載により押しやすさが格段にアップ
  • 見た目が北欧風でオシャレ
  • 別途発売されている専用アイテムを購入することでカスタマイズ可能
  • ハンドルの切り替えができず、向きを変える時は座席を取り変えなければならない

クロスゴーとの違いは?

 

f:id:kanakana-yumo:20200128220757p:plain

  • 四角型の幌により広々とした空間をお届け
  • シート全体にエッグショッククッションが採用
  • エッグサスペンション搭載
  • タイヤからバスケットまで大きく堅実的な性能

 

アップリカ

オプティアシリーズとの違いは?

 

f:id:kanakana-yumo:20200128220657j:plain

  • プレミアムとオリジナルモデルの2種類がある
  • ソファークッションによりクッション性抜群
  • 2重のサスペンションにより振動を吸収
  • 反動がソフトレザー仕様で肌触りが良い
  • 手元でハンドルの切り替えができて便利

・ランフィシリーズとどっちがオススメか?

f:id:kanakana-yumo:20200211222120j:plain

 ピジョンからはフィーノだけでなくランフィと呼ばれるベビーカーも存在しています。フィーノと同じでシングルタイヤを採用しており押しやすさに定評があります。

ピジョンは軽量型ベビーカーなのでフィーノと比べると小型になりますがRA9からはタイヤにボールベアリングが採用されおりより押しやすくなっています。

単純な押し心地だけならランフィの方に軍配が上がると言ってもいいでしょう。

どちらか迷った時は軽量型ベビーカーと多機能ベビーカーの違いもそうですがこの"ボールベアリング"の存在も視野に入れると良いでしょう。

 

・まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

フィーノは多機能型ベビーカーからなる安定感やシングルタイヤによる押しやすさが何よりの強みです。

しかし、現在では古いモデルとなってしまっているため新しいモデルのベビーカーと比較するとどうしても劣っている面もあります。

フィーノにはフィーノだけの強みランフィにはランフィの強みがある為一概にこちらが良いとは言い切れません。それぞれの特徴をよく知り値段の変動などを見て選ぶのも手でしょう。

f:id:kanakana-yumo:20200217172059j:plain

 

コンビ スゴカルα 4キャス compact エッグショック HS 評価 メリット・デメリットまとめ

f:id:kanakana-yumo:20200208230744p:plain

2019年5月にコンビから発売されたのがスゴカルα 4キャス compact エッグショック HSです。コンビのベビーカーの代名詞といえばこのスゴカルシリーズ。

軽く持ち運びのしやすさに特化したこのスゴカルα HS。前作のスゴカルα 4キャス compact エッグショック HKから何が変わったのか、スゴカルα 4キャス Light エッグショック HSとの違いは何か?

今回はそんなスゴカルα 4キャス compact エッグショック HSの特徴を一緒に覗いていきましょう。

 

※このベビーカーには最新モデルが発売されています。

気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

www.kanatano.com

 

 

・スゴカルα 4キャス compact エッグショック HSとは?

f:id:kanakana-yumo:20200208230806p:plain

スゴカルα 4キャス compact エッグショック HSとはコンビが出しているスゴカルシリーズの商品です。

今までもスゴカルという名前のベビーカーは数多く発売されており都度生まれ変わってずっと親しまれているベビーカーです。

スゴカルというダジャレめいた名前だけに軽いのがメリットのベビーカーとなっています。

 

 

・どのような人に向いているのか?

f:id:kanakana-yumo:20200208231318p:plain

A型ベビーカーは大きく分類すると3つのタイプに分かれます。

  • コンパクトで持ち運びのしやすい軽量型タイプ
  • 大きくて機能性抜群の多機能タイプ
  • 走行性能がピカイチ スタイリッシュな三輪タイプ

スゴカルαは軽量型ベビーカーに分類され以下のような方にオススメです。

  • 家にスペースが無くコンパクトな方が良い
  • 車が小さいので大きなベビーカーをのせる余裕が無い
  • 軽くて持ち運びのしやすいモノが良い
  • 値段はある程度抑えたいがそれなりの性能も欲しい

 

f:id:kanakana-yumo:20200131181043p:plain

スゴカルαはコンパクトさと軽さが何よりのメリットです。お家や車にスペースが無くコンパクトさを求められている方や、頻繁に持ち運びをされる方などに最大の効果を発揮します。

お値段はベビーカーの中でも普通の部類ですが必要な機能はちゃんと揃っているので全く問題はありません。

さらに詳しい機能を知ってあなたに合うベビーカーを選んでいきましょう。

 

・コンビってどんなメーカー?

f:id:kanakana-yumo:20191004224709j:plain

何をしている会社かは詳しく知らなくとももしかしたらコンビという名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ベビーカー、チャイルドシート、哺乳瓶、おもちゃなど育児に関する商品を色々出しておりピジョンアップリカに次ぐ大企業です。

中でもコンビはブランド力が強く、ベビーカーやチャイルドシートからベビーラックなど全ての育児グッズをコンビで揃えられる方も多いのです。

 

・スゴカルα 4キャス compact エッグショック HSの特徴

f:id:kanakana-yumo:20200208231029j:plain

・軽量型ベビーカー

f:id:kanakana-yumo:20200208231417p:plain



スゴカルαはいわゆる軽量型タイプのベビーカーに分類されます。このベビーカーのグレードで言うと平均的な重さが5kg~5.5kg前後といったところになります。

このスゴカルαの重さは5.1kgなのでわりと軽い部類になりますね。

その差は500mlのペットボトル1本分くらいの些細な差ですが、ずっと持ち歩く予定の方には適したベビーカーと言えるでしょう。

 

・持ち運びラクラク

f:id:kanakana-yumo:20200208231435p:plain

コンビのベビーカーの最大の特徴とも言えるのがこの持ちカルグリップです。

座席の下に持ち運ぶようの持ち手がついており持ち運びをよりしやすくしているのです。

 

これのおかげでベビーカーを体に引き寄せた形で持つことができるため、体感的に軽く持つことができるのです。

電車やバスなどをよく使い持ち運ぶ機会の多い方にはとても便利になるでしょう。

 

・ハンドルアジャスター搭載 よりコンパクトに

f:id:kanakana-yumo:20200208231511p:plain

ハンドルにはアジャスターが付いておりハンドルの高さを自由に変えることができます。

身長の高い方でも低い方でも自分の押しやすい位置に調整できるという地味に便利な機能なのです。

 

またこのハンドルアジャスター機能を使えば折り畳んだ後さらにコンパクトにする事ができるというのも地味に便利なポイントです。

車などに積むときにアジャスターを使用するとスペースを確保できて便利ですよ。

 

・エッグショック

f:id:kanakana-yumo:20200128145340p:plain
エッグショックという名前をご存じでしょうか?

エッグショックというのは卵を落としても割れないくらい軟らかい素材を使ったクッションの事です。

実際に触ってみると分かるのですが絶妙な反発性を持ったクッションになっています。

卵を落としても割れないという事はそれだけ衝撃吸収にも優れているという事なので赤ちゃんを振動から守ってくれるわけですね。

 

コンビは他のメーカーにないこのエッグショックという素材を採用しており人気を博しております。

このベビーカーでは2つのエッグショッククッションが搭載されています。

 

1つ目はヘッド部分です。生まれたての柔らかな頭を振動を吸収する事でしっかり守ります。

 

f:id:kanakana-yumo:20200208231545p:plain

大人からするとわずかな振動も赤ちゃんからすると大きな振動に感じてしまいます。

そこで卵ですら割れない程に衝撃吸収できるエッグショックを頭に添える事で赤ちゃんの柔らかな頭を守ってくれるのですね。

 

2つ目はシート全体です。シート全面にエッグショックシートを搭載しており体全体を包み込むように守ってくれます。

 

f:id:kanakana-yumo:20200208231818p:plain

頭から体までこのエッグショッククッションを使用することで赤ちゃんの体全体を優しく包み込み衝撃からしっかり守ってくれるというわけですね。

 

ちなみにエッグショックはこのベビーカーだけでなく他のベビーカーやチャイルドシートまで多くの商品に使用されていますよ。

 

・エッグサスペンション

f:id:kanakana-yumo:20200208231852p:plain
スゴカルαのタイヤにはエッグサスペンションという名前のサスペンションを搭載しております。

サスペンションとはタイヤが地面から伝わる衝撃を吸収し柔らげる機能を担っております。自転車や自動車にも採用されておりこれがあるからこそ私たちのお尻はガタガタする振動から守られお尻が痛くならないのですよ。ありがとうサスペンション...

 

f:id:kanakana-yumo:20200208231909p:plain

ベビーカーにも大体はサスペンションが使わているのですがこのベビーカーは空気の力を使ってより振動を吸収してくれるエッグサスペンションを採用しています。

エッグサスペンションという名前ですが先ほどのエッグショックとは何の関係も無い装置です。コンビ側がエッグという名前を付けて"トリプルエッグ"という名前で売り出したかっただけで要は強靭なサスペンションが別途付いていますよって事ですね。

 

・ハイシート&エアスルーシート

f:id:kanakana-yumo:20200208231928p:plain

シートはメッシュ生地を採用しており通気性も良く赤ちゃんの背中が蒸れるの防ぎます。赤ちゃんは大人よりも体温が高く熱がこもりやすいのでこういった通気性というのはとても大事な機能となります。

 

f:id:kanakana-yumo:20200208231945p:plain

またスゴカルαは55cmのハイシートタイプです。赤ちゃんの座るシートが高いと赤ちゃんの乗り下ろしも楽になりパパやママの腰の負担が減ります。

そして地面の熱やホコリなども遠ざけてくれるので赤ちゃんにより快適な空間をお届けしてくれます。

 

ただ今発売されているベビーカーのほとんどがハイシートタイプと呼ばれるベビーカーです。(数センチ単位の違いはありますが…)

なのでハイシート、ハイシートと必要以上に気にしなくても大丈夫ですよ。

 

・丸洗いできるシート

f:id:kanakana-yumo:20200208232002p:plain
スゴカルαのシートは全部丸ごと洗濯機で洗う事ができます。もし赤ちゃんが唾液を付けてしまったり飲み物をこぼしたりしてもお手軽に洗う事ができるので便利ですね。

洗えるタイプと洗えないタイプなら断然前者の方が便利です。

 

ただシートも基本的に今のベビーカーは洗う事ができるものが多いのでこれもそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

・マルチビックサンシェードα

f:id:kanakana-yumo:20200208232026p:plain

スゴカルαは画像のような角ばった特殊形状の幌を採用しています。

基本的にベビーカーの幌は下記のような丸い形なのがメジャーだったのですがコンビの一部のベビーカーではこういった形の幌を使用しています。

 

幌が大きな形なので足元まですっぽりと包むことができますし、シートの中もゆったりとした広さを確保する事ができるのです。

またスゴカルαの幌は"はっ水"加工を施しています。多少の雨だったらはじくことができますし水拭きをしても染み込む事を防ぎます。

ただ防水ではなくあくまではっ水なので土砂降りの雨の中に突っ込むのはお止めください。スゴカルαが死にます。

雨の中お出かけする時は抱っこ紐を使うかレインカバーを使って無理ないおでかけを楽しみましょう。

・ふわふわクッション

f:id:kanakana-yumo:20200208232117p:plain

足元にあるクッションにはふわふわクッションという名称がつけらています。

確かに他のメーカーと比べると少しふわっとしてるような感じですが…正直大差は無いと思います。

購入の決め手になるような機能では無いですね。

 

・スゴカルα 4キャス compact エッグショック HSのデメリット

f:id:kanakana-yumo:20200131192054j:plain

軽くてコンパクトで利便性の高いスゴカルα 4キャス compact エッグショック HSですがもちろんデメリットもあります。

ここからはスゴカルαのデメリット部分を一緒に見てみましょう。

 

・シートやバスケットは少し小さめ

f:id:kanakana-yumo:20200208232239p:plain
スゴカルαはコンパクトな事がメリットでもありますがその分多機能型と比べるとシートやバスケットの大きさは控えめとなっています。

普通に使っていて困る事は無いとは思いますが、バスケットに荷物を沢山積みたい!という方だと向いていないかもしれません。

 

・軽量型ベビーカーの中では値段が高め

f:id:kanakana-yumo:20200208232354p:plain

スゴカルα 4キャス compact エッグショック HS値段は税抜きで58000円となります。他のメーカーで同じグレード帯のベビーカーだと大体55000円ほどが多く少し割高ですね。その分ハンドルアジャスターや大型の幌など機能性の充実は測られているのでどちらを重視するかといったところでしょうか。

もし値段が気になるのであれば同モデルで1つグレードの低いスゴカルα 4キャス Light エッグショック HSの方がオススメかもしれません。 

・ガチャガチャと音がする


触ってみると分かるのですがスゴカルαは操作する時にちょっとガチャガチャと音が鳴るんですよね。例えばハンドルアジャスターを使う時やハンドルの向きを変える時...

ちょっとした操作の時のベビーカーのガチャガチャとした音が気になる方もいるみたいです。

ただ本当に気にならない方は気にならないようなのでここは個人の主観次第でしょうか。

 

・同モデル スゴカルα 4キャス Light エッグショック HSとの比較

f:id:kanakana-yumo:20200208232538p:plain

スゴカルα 4キャス エッグショック HSには2つのグレードがあり上位グレードのcompactモデルと下位グレードのLightモデルの2つがあります。

本記事で紹介されているのはcompactモデルですがLightと比べてどのような違いがあるのか比較してみました。

以下は比較したLightモデルの主な特徴です

 

  • 重量4.7kgでとても軽い
  • 値段が税抜き52000円と安い
  • マルチビックサンシェードα未搭載 普通の円形の幌
  • エッグショックシート未搭載 座面部分のみエッグショック搭載
  • ハンドルアジャスター未搭載
  • インナークッションが頭部のみ搭載
  • ふわふわクッション未搭載

 

となっております。

値段が6000円安くなっている分機能的には色々と削っているのが分かりますね。

ただし、重量も0.4kgほど軽くなっているので持ち運びする事が多く軽さを更に求める方にはコチラの方が向いているとも言えるでしょう。

 

・前モデル スゴカルα 4キャス compact エッグショック HKとの比較 

 

f:id:kanakana-yumo:20200208232701p:plain

前作の同グレードモデルスゴカルα 4キャス compact エッグショック HSとの比較を行っていきたいと思います。

前モデルとの大きな違いは2つです。

  • 1つ目はふわふわクッション未搭載ということ。
  • 2つ目はマルチビッグサンシェードαが大幅に改良されたこと

今までの幌は画像のような丸い幌の形が定番だったのですがHSからは角ばった幌の形を採用しています。

これにより幌の内側の広さを今までより広くとる事を可能としており、赤ちゃんに圧迫感を感じさせません。より心地よい空間を提供しているという訳です。

 

見た目としては大きく変わっているところもありますが、それ以外の性能はほぼ同じなので後は好みの領域でしょうか。以前のモデルのHKは安く販売しているところもあるのでこだわりが無ければそちらでも良いかもしれません。

 

・他のメーカーの軽量型ベビーカーと比べて


さて、ここまでコンビのベビーカーを中心に特徴を見てきましたが他の軽量型のベビーカーとも比較してみましょう。

今回はアップリカピジョンからそれぞれ2つずつ比べてみました。

リンクに詳しい説明も載っているので詳細を知りたい方はそちらを見てみてくださいー

 

アップリカ

ラクーナクッションABの特徴

f:id:kanakana-yumo:20200131191423j:plain

  • クッション性が良く振動吸収性能に優れている
  • シートが縦に大きく余裕がある
  • 反射板を搭載しており太陽の照り返しを防ぐ
  • ハンドルがレザー仕様で肌触りが良い
  • 突出した機能は無いがオールラウンドで使いやすい

 

ラクーナビッテクッションの特徴

f:id:kanakana-yumo:20190909181834j:plain

www.kanatano.com

  • 上記のラクーナクッションABの機能はほぼ搭載
  • (シートの長さは通常仕様)
  • ハンドルアジャスター搭載 非常にコンパクトになる
  • シートにクッションがもう1枚追加
  • バスケットが非常に大きくなっている
  • 幌が5枚から7枚になっておりシート全体を包むことができる
  • オリジナルと比べて重量が0.1kg増した

 

ピジョン


ランフィRa9の特徴

f:id:kanakana-yumo:20190506162431j:plain

www.kanatano.com

  • シングルタイヤにより押しやすさ抜群
  • ボールベアリングを搭載しており小回りが利く
  • 足元に幅があり押すときにタイヤが邪魔にならない
  • 見た目がスタイリッシュでオシャレ
  • 本体が大きくかさばり、持ち運びに不向き

 

ランフィリノン3の特徴

f:id:kanakana-yumo:20190506191155j:plain

www.kanatano.com

  • ベースはランフィRa9の為上記の機能性は同じ
  • ハンドルアジャスター搭載 少しコンパクトになる
  • クールMAXシートにより背中がむれにくい
  • Ra9と比べると値段が1000円高
  • アカチャンホンポ限定商品

 

・カラーバリエーション

スターナイトホワイト

f:id:kanakana-yumo:20200208233140p:plain

このスターナイトホワイトはダントツで一番の人気カラーです。

もしかするともうこのカラーだけは残っていないという可能性もありますのでご注意くださいませ。

ベビーピンク

f:id:kanakana-yumo:20200208233154p:plain

ハニービーイエロー

f:id:kanakana-yumo:20200208233212p:plain

チェッカードネイビー

 

f:id:kanakana-yumo:20200208233224p:plain

※こちらはトイザらスベビーザらス限定カラーとなっています

 

・まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スゴカルαのメリットは何と言ってもその軽さと持ち運びのしやすさです。

電車での移動やバスでの移動が多い方にはとても重宝するベビーカーとなるでしょう。

こちらのモデルだとハンドルアジャスターも付いているのでコンパクトにもなってスペースの確保もできて一石二鳥です。

あなたもスゴカルα 4キャス エッグショック HSでベビーと快適なお出かけを楽しんでいきましょう。

f:id:kanakana-yumo:20200208233416j:plain